ウキの残存浮力を殺す理由

前項3mのハリスと10mのハリスでは、船からの真鯛釣りでハリスを長く取れば、船が波に乗って上下運動しても、サシエに不安定感は伝わり難いと書きましたが・・・

では、「磯からや防波堤からのフカセ釣りでも、ハリスを10m取れれば安定感が増すやろ」と思われた方は、正しい感性をお持ちだと思いますが、そんな釣りにくい釣りはやってられない事にも、もちろん気づかれていると思います。

もう一度、図を見てみましょう。

船がシブシブだったら仕掛けは安定する

船釣り図1船からの釣りでは、船がシッカリと浮いてます。当たり前です、船がシブシブに浮いてたら、危なくって、釣りどころではありません。

しかしながら、「魚を釣る」と言う事だけ考えれば、この波による上下運動は、邪魔な物と考える事が出来ます。具体的には下図のようになっていれば、仕掛けの安定感は増して、もっと魚は釣れる筈なんですね。

船釣り図2船がフカセウキのように、シブシブに浮いた状態で釣りをする事が出来ると仮定すれば、10mのハリスは、安定感を増加させたいと言う意味では、必要ないものになります。

もう判りますよね?
これが、ウキの浮力を殺しておかなければならない、最も大きな理由の一つって事ですね。

フカセウキ図1安定感の増している仕掛けは、エサ取りにも発見されにくく、サシエもその分取られ難いです。チヌでもグレでも、一般的には大型ほど、安定感のある仕掛けに分があります。これは、船からの真鯛でも同じだと言いたいわけですね。

これにさらに安定感を加えようと試みる物に、全遊動釣法があるわけですね。

全遊動釣法、全層仕掛けといった物は、こういった仕掛けの安定感を充分に考慮した上で、さらに、マキエサの落下にあわせてサシエサも落下させて、幅広い範囲でターゲットを狙っていく釣り方です。

フカセウキ図2この釣りは、一見簡単そうに見えますが、確かに、フカセ釣りを理解している人から見れば簡単な釣りだと思いますが、フカセ釣りを理解できていない人がやれば、根がかりの連発、ウキの残存浮力を充分に殺していない事から起こる、トンチンカンな攻めといった不具合も多発させてしまいます。

全遊動釣法を解説するに当って、これだけは知っておいてほしい、フカセ釣りのキモ!(^_^)
“仕掛けの安定感”をどう演出するか?

ぜひ参考にして下さいね♪

icon