サシエを目だ立たせるか、目立たせないか・・・

雑食性が強いチヌ・・・、このターゲットを手にするために、これまで色々なサシエ、マキエが考えられ、試され、実践のフィールドで結果を出して来ましたが・・・

まあ、チヌのフカセ釣りは、一般的には、サシエ、マキエ共に、オキアミを使う釣りをメインに考えられると思います。

オキアミと言うエサは常識的に判断して、釣りエサの中では、エサ取りに最も弱いエサと言っても過言では無いと思います。

それゆえにオキアミを敬遠する人も多い・・・、オキアミに慣れなければ、付いているか付いていないか判らないサシエには、安心感を持って釣りを出来ない人も多々おられる思います。

そこで、本項では、オキアミを使ったフカセ釣りを、我流ですが解剖して、フカセ釣りの中でも最も有力と思える全遊動釣法の解説のプロローグに当てたいと思います。

ぜひ参考にして下さいね♪

仕掛けの安定感

フカセ釣りのキモの解説・・・さて・・・

フカセ釣りで、オキアミをサシエに使った場合、基本的には・・・

  • サシエを目だ立たせるか
  • サシエを目だ立たせないか

この二つの戦法を考えられるとイイと思います。

一般的には出来るだけサシエを目立たないように、自然に近い形でサシエを落下させる方がイイ釣りになりやすいです。これは単純に、この方がエサ取りに発見され難くくターゲットに届きやすいからですね。

しかし、チヌの食いが立って、エサ取りよりも先にサシエを捕食にくるような場合はチンタラやっているよりは、重めのオモリ、プカプカ浮くウキのような仕掛けで、サシエを目だ立たせる方が数を稼げたりもします。

この辺りはケースバイケースですが、何処で食ってくるか判らないような状況下では、できるだけ自然に近い形で仕掛けを流す事をメインに考えて、決まったタナで食いが立っているような場合には、ガンダマの大きさとかあまり気にしないで、ガンガン仕掛けを投入した方が良いって事ですね。

要するに・・・

食いが立っている時は簡単です♪(^◇^)

食いが悪い場合、エサ取りが多い場合、何処で食ってくるかわからない場合、こういう場合が難しいわけで、こういう場合が圧倒的に多いわけです。

では、事項真鯛の天秤フカセ釣りからの考察で、ちょっと通常のグレやチヌのフカセ釣りとは違う角度の真鯛のフカセ釣りから・・・、フカセ釣りを考えて見ましょう・・・

icon