全遊動釣法のウキ選び

全遊動のウキ選び

軽い仕掛けがメインの全遊動仕掛けでは、「真水で沈んで海水で浮く」と言う浮力設定のウキを使用する事が多いです。いわゆる00号、あるいは-0号などがこれに当たりますが、0号、あるいは000号などとの使い分けはどうすればイイでしょうか?

全遊動釣法のウキ、ゼロ負荷の特徴は?

全遊動のウキコレクションおおよその見立てで0号、00号、000号は以下のような特徴を持ってます。

0号
投入後、仕掛けが馴染むまでは結構シッカリと浮力を保っているが、仕掛けが馴染むと海面下ギリギリで浮いている状態。凪、緩い流れが狙い目。
00号
投入後、仕掛けが馴染むまでで既にシブシブ浮力設定。ガン玉を使用すると、すぐに沈み出す(道糸をフロロにしても沈みが良い)。風、波気があって、0号で仕掛けの馴染みが悪い時に効果的
000号
投入後、沖アミの落下速度と同じ沈降速度で沈み出す。急流やボトム狙いで効果的。風の強いとき、上潮が走る時など威力を発揮する

いずれの号数を選択するかが全遊動仕掛けのカギになりますが、これ以外にもG2設定の浮力やBの浮力設定の物のなどもあります。

「Bで浮力があるから上層狙い」、「Bでガン玉がより多く使用できるからボトム狙い」と言うわけではなく、ケースバイケースによって、浮力のある号数は使い分けが必要になりますが、流れ(横に働く力)と狙っているポイントまでの距離、使用する道糸、ターゲットなど、様々な要素が絡み合って号数は選択されます。

まあ、めんどくさい事を考えないで、全遊動仕掛けでチヌを釣るなら、0と00持ってりゃたいていの事はできます。

浮力のある号数(B〜4B、1号程度)は、普通の円錐ウキの方が使い勝手が勝ると思います。

icon