全遊動釣法のライン選び

全遊動仕掛けのライン

全遊動仕掛けはガン玉を極力打たずにレンジを深層まで狙っていく釣りです。そのため、ライン選びやウキ選びは適切なものを選択する必要があります。

全遊動釣法・道糸とハリス

こんな磯で、こんな天気で釣りができりゃ最高・・・ガン玉を極力打たないと言う事は、それだけ風波の影響も受けやすい事を意味します。このため、仕掛けを選択する際に、最も神経を使うのはウキとライン(道糸)だと思います。本稿では、道糸とハリスを考えます。

道糸

基本的に道糸は、セミフロートタイプからサスペンド系が圧倒的に使いやすいです。ただし、トップでグレを狙うような場合で、からまん棒の部分にハリスウキを使用するような場合はフロート系が使いやすく、このあたりはケースバイケースになります。まあ、チヌ狙いの場合は、サスペンド系に分があるように思います。

号数は、できるだけ細くしますが、繊細なラインコントロールが要求されますから、あまり細くし過ぎても扱いが非常に悪くなります。個人的には1.75号(1.8号)から2号程度がチヌ釣りではおススメです。

風波の影響の少ない湾内や地磯の釣りではもうワンランク号数を上げても問題ないと思います。道糸は、ハリスほど腕前の影響が号数に左右されませんから、細くし過ぎて穂先絡みが多発するようだと、返ってストレス、トラブルを多発します。あまり気にせず2号程度で充分だと思います。

カラーは、「全遊動釣法はラインでアタリを取る事もあるため認視性のイイものを」なんて言ってる人もいますが、仕掛けをシッカリと張れていれば、フッキングと同時に体感ショック的にアタリが来ます。仕掛けの入っている方向が見えりゃ、色はナンでもOKです。(^◇^)

ハリス

チヌ狙いのハリスは、号数選択が、地方地域によって、かなりバラツキがあります。

例えば、私のホームグランドの大阪湾なら、1.5号で十分、1号でも十分に勝負できますが、これが、牡蠣が多くついているようなポイントならば、3号クラスのハリスを使っていないと、バラシが多発するようなポイントも全国的にはたくさんあります。

使用タックルのポテンシャルを最大限に発揮したいなら、道糸の号数よりも、ハリスの号数をワンランク上げることです。

これについては、私のグレ釣り関連のサイトで尾長グレの釣りに詳述してますが、そこから引用します、参考にして下さい。

一般的に、道糸とハリスのバランスは、道糸の号数−1くらいでハリスの号数を書かれている場合が多い。(道糸が3号ならハリスは2号といった感じ)
しかし、これは必ずしも正解とは言えない。特に尾長グレのような、強烈な引きをかましてくるヤツは全然当っていない。

仕掛けの一番弱い箇所は結束部分であるが、結束強度が充分ならば、“引っ張るほうに近い部分から仕掛けは切れる”ようになっている。

大きな魚が掛かって、強烈な引きが来ると、通常はハリスが飛ぶ、道糸から飛ぶことは稀である。逆に根がかりをした時は、道糸から切れるほうが大半である。これは心当たりがあるだろう・・・

要するに、「引っ張るほうに近いほうが切れやすい」と言う事がお分かりになると思う。

まあ、チヌは尾長グレのような引きはかましてこないので、道糸が2号ならば、ハリスは1.5号でも十分かも知れないです・・・

ハリスの材質はナイロンよりもフロロカーボンに圧倒的に分があります。これはフロロの方がナイロンに比べて、沈みが良く、水切れがイイ点、耐久性に優れている点など、有利な点が多いからです。

ナイロンの方がしなやかで、食いが良いと思っている方もおられるかも知れないですが、あまり変わらないです。

icon