水深のある防波堤の風対策

フカセ釣りはターゲットがチヌであろうがグレであろうが、風対策は必須と呼んでも良いと思います。

ハッキリ言って、風が適度にあって波気が少しあるような時の方が食いが立つ場合が殆どです。

水深が一本半(具体的には8m前後)の防波堤は、大阪湾の場合、沖の防波堤にそういったポイントがある場合が多いです。そういった防波堤のボトムにまで仕掛けを届かせる方法を、風対策の部分からイッチョ考えて見ましょう。

大阪湾の風と潮

波止に潮があたって、怪しいです・・・(^◇^)大阪湾の各防波堤は、基本的に西から南方向に沖向きがあります。大阪湾では基本的に西から吹く風が多く、おおよそ冬場は北西、夏場は南西の風が絶好の風で、これが東風になると、苦潮が入って極端に食いが悪くなることが多いです。

要するに沖向き対して釣りがしやすいフォローの風はダメな風が多く、向かい風や横風の“釣りがしにくい風が良かったり”するワケですね。(難儀な風なのです・・・)

釣りが出来ないくらいの風が吹けば当然船止めですから、これは論外です。問題は釣りが出来る程度の風ですが、当然ですが、二枚潮、三枚潮を多発させることが考えられます。また、道糸に風が当たれば当然上手い具合に仕掛けをレンジ(捕食層)に届けにくくなります。

対処の仕方はどういったものが良いでしょうか?

厄介な二枚潮

秋口など、チヌのレンジ(捕食層)がボトム(底)中心になる場合、当然ですが、的確に狙いのレンジまでサシエを届ける事が重要です。しかも、これがシラサエビを使ったウキ釣りのような場合だと、大きなオモリで一気に沈めれば良いですが、フカセ釣りは、釣りエサの中では最もエサ取りに弱いと思われるオキアミを使用してます。大オモリなんて使ってしまうと、それでなくてもエサ取りが多い時期ですから、直ぐに掠め取られてしまいますね。

出来るだけ軽い仕掛けで、しかもハリスをシッカリと張りながら、8m前後の水深のボトムにサシエサを届ける・・・
幾つかのテクニックを複合的に使う必要がある!
こう思います。

まずは潮の見極めですね。風が吹けば、潮が流れやすくなります。

どういう流れをしているか?
これを自分で見極める、あるいは見極めようとしないとダメです。

風に潮が押される場合、もちろん底潮まで流れる場合も多いですが、なんと言っても多いのが風の向きに上潮だけ滑る場合・・・
これがナンとも厄介な潮になるわけです。

二枚潮や三枚潮は上潮と底潮が違った方向に流れる潮ですが、これがこと大阪湾では、上潮は滑るのに、底潮は流れていないような場合が一番多いと思います。

これに対処するには、

大阪湾の二枚潮攻略法

  • マキエを切らせないように、同じポイントに集中的に撒いていきます。
  • 上潮の流れは余計な流れになっている場合が多いですから・・・
  • 仕掛け全体を沈めて、沈め釣りで釣るのが面白いです。

流れの無い(あるいは緩い)底潮を釣るのですから、オモリでを過負荷にして強制的に沈めにかかっては、あっさり根がかりです。これはイケません。

完全フカセに近いような仕掛けを作って、ウキごと沈めにかかる手順が正解だと思います。

仕掛けはテトラポットのフカセ釣りの風対策に書いた、10mのハリスを使用する仕掛けが良いと思いますが、テトラ地帯のような水深の無いポイントではなくて、水深のある沖堤の底狙いには、少し多めにガンダマを足す必要がある場合も多いです。

この場合ガンダマは、口ナマリにはせずに、クッション水中や潮受けストッパーのようなウキ止めのゴムの直下に付けるほうが勝ったりする場合があります。

例えばKZ-GTRの00号にクッション水中の大、このクッション水中の直下にガンダマG3と言った具合です。

仕掛けを投入すると、直ぐにサミングして、仕掛けを延ばします。このとき竿を立てて、少し道糸に風を当てます。

こうすると、ウキは幾分手前によりますが、風上側に穂先を移動して、今度は、道糸に風が当たらないように海面に道糸を置きます。少し、仕掛けの沈みを良くする工夫ですね。

クッション水中には直下にガンダマが付いてますから、直ぐに沈み始めます。視界に捉えにくくなってくると、親ウキであるGTRが沈み始める・・・
この感覚を身に付けましょう!

リールはベールをオープンにしておいて、仕掛けが沈むに従ってパラパラ出て行く感じです。レンジの潮が流れていれば、少し距離を流します。

あたれば、道糸がリールから吹っ飛んでいく感じです。(^_^)v
体感ショック釣法ですね!

尚、最も有力な風対策は、メチャ簡単♪

穂先を海面に突っ込んでおく!

単純ですが、風をかわすには、これが最適な方法です。こういった当たり前のテクニックに、マキエの仕方や仕掛けの作り方、あるいはサシエの付け方などのテクニックを複合的に使うと、釣りが出来る程度の強風は逆に好時合いに出来ます。

ぜひとも参考にして、良いつりをなさってくださいね♪

icon