磯からのチヌのフカセ釣り・横風が吹いてきた

チヌのフカセ釣りをしていて、おおよそ一番厄介で一番多く遭遇する風は横からの風だと思います。横風の攻略はターゲットへの最短距離を進むことを意味します。これはグレも同じでしょう。

いかにして横風を攻略するか・・・

チヌのフカセ釣り・横風は釣りづらい

フカセ釣りの横風対策横風は、その強さの程度にも寄りますが、フカセ釣りをする中で一番厄介な風です。あまり強く吹くと、これは釣りどころではありません。前線の通過などで、風が強まることが予測される場合、撤収は常に念頭において釣りをしなければダメです。

釣りが出来る程度横風は、ナンとか対処していかなければなりませんが、どうやるか?

まずは横風がもたらす弊害(危険を除く物)、これを列挙してみましょう。

横風は・・・

  • 道糸、ウキに対する風の抵抗が一番大きい
  • 竿に受ける抵抗が大きいため、魚をかけてもやり取りが一段落難しくなっている
  • 水面に波紋や白波が立ちやすいため、海の状況が把握し辛い
  • 二枚潮を発生させやすい
  • 穂先がらみ等の、トラブルが頻繁に起こりやすくなる

さらには、突発的な突風も起しやすいのが横風です。横風は本当に難儀な代物と言えるでしょう。

撤収がない程度の横風は、攻略していかないと、フカセ釣りは上手になりません。一つ一つ攻略法を考えていきましょう。

チヌのフカセ釣り・横風対策は

道糸、ウキに対する抵抗は、道糸をフロロカーボンのようにシンカー系にすれば、上潮の抵抗を受けにくくすることも出来ます。ウキは、レンジが上手く設定できないようであれば、風の程度にあわせて3Bや1号のような浮力のあるものに変えて、ガンダマをシッカリと打てばレンジの設定はやり易くなります。

また、横風によって白波が立つと言う事は、魚が際に寄って来たり、レンジが上ずることもあります。この場合は、道糸とハリスを直結して、ハリスを10m程度取り、その中で仕掛けを作れば(00号やマイナス付加のウキを使用)、上ずったターゲットを相手にしやすくなります。

風対策として、最も効果を発揮するのが・・・

穂先を海面につける

単純なことですが、これだけでかなり、水面の道糸に対する風の抵抗は和らげることが出来ます。

二枚潮攻略には、水中ウキを使った仕掛けが効果的ですが、横風が強く吹く場合は、親ウキごと仕掛けを沈めに掛かった方が、仕掛けの安定性は保てます。若干テクニックは要しますが、だらだら流すのではなく、適当な所で糸の出を止めて待つような釣りになります。この釣りが出来るようになれば、フカセ釣りの引き出しは倍増するといっても過言では無いでしょう。と言っても、慣れだけの問題だと思いますが・・・

仕掛けを投入して、安定させるまで、フカセ釣りは若干時間を要します。安定させるまでの時間を計算に入れて、仕掛けの投入点を自分の中で決めていく必要があります。

また、マキエは、コントロールが付けにくくなります。遠投用の集魚剤を持っておくことがベストです。

白波が立って水の中が分かり難い場合、マキエは出来るだけ一箇所に集中して撒くようにした方が無難です。

あっちこっち撒きだすと、ポイントがぶれるばかりか、最悪の場合、そのポイントをエサ取り地獄にして潰してしまうことにもなります。

マキエサは一箇所に集中して撒くようにして、仕掛けの投点を変化させていきます。これは、寒のチヌ釣りやグレ釣りにも応用が利きます。覚えて置かれるとイイと思います。(※関連記事をグレ釣り・メジナ釣り、爆釣磯釣り情報局に載せてます。)

尚、磯で横風が吹く場合、ナンと言っても中通しのロッド(インナーガイド、インターライン)が効果を発揮します。

中通しのロッドについては、好き嫌いが結構激しいかもしれないですが、風対策にこれ以上の竿は無いと思います。

予備竿として一本持って置かれるとイイと思います。

icon