磯からのチヌのフカセ釣り・後ろから風が吹いてきた

フカセ釣りやウキ釣りで背後から風が吹いてくると、格段に釣り易くなるんですが・・・、

調子に乗って沖ばっかり狙っていると、足元の好ポイントを見逃していることがあります。

チヌのフカセ釣り・追い風は遠目のポイントを狙ってみる

背後から風が吹いてきたら・・・向かい風や横風に比べると、背後からの風は格段に釣り易さを感じる事が出来ます。マキエは思うように飛びますし、仕掛けの操作も、穂先がらみ等も少なくなりますし、凄く釣りやすい状況になるんですね。

風波の強い磯釣りでは、こういう場合、思い切って遠目のポイント狙いが成立します。遠投タイプの集魚剤を使えば、30メートルや40メートルは風に乗せてマキエを遠投することも出来ます。さらに、そこまで遠投すれば、ポイントがエサ取りだらけになるタイミングにもタイムラグがありますから、全層タイプの仕掛けでシャローからボトムまで時間をかけてゆっくりと狙えるのも大きいと思います。

チヌのフカセ釣り・遠目のポイントは全層仕掛けで狙う

ターゲットがチヌにしても、グレにしても、遠投で狙う場合は、マキエの同調がはかれるなら、トップレンジからボトムまで広い範囲で狙う方がおすすめです。

磯の場合は特にそうですが、遠目を狙う場合、案外浅めのレンジで食ってくる事が良くあります。(グレは特に・・・)

チヌも春先のノッコミの時期など、レンジが上ずる事が多い時は、案外2ヒロ程度のレンジで食ってきたりしますが、チヌの場合は遠投した先にシモリが点在しているようなポイントがあることがキモだと思います。

使用する仕掛けは3号以上の太ハリスで充分です。遠めで食ってくるターゲットは基本的にハリスの太さはあまり関係ありません。また、磯釣りの場合は特にそうですが、遠投で釣る場合、青物や場所によっては尾長グレのようなビッグターゲットが掛かってくることもあります。バラしてしまってはもったいないです、思い切ったハリスを使用するようにしましょう。

チヌのフカセ釣り・追い風は際も怪しい

また、背後から風が吹いてくると、島影で風が当らない部分と影の先で風が海面に叩きつける場所の境目に「風目」と呼ばれる筋が出来ることが良くあります。これは、潮目と似ていますが、違う物です。これを狙ってもあまり効果はありません。

また、風で海面がざわつくので、案外足元の磯際が好ポイントになっている事があります。

調子乗って、仕掛けをバンバン前に放ると、せっかくの好ポイントを見逃していることにもなりますから・・・

背後から風が吹き始めたら・・・

  • とにかく遠投で狙ってみる
  • 遠投で狙っている間は、際のポイントは休ませる
  • 15分程度、遠投を試してみて効果がなかったら・・・
  • 際狙いに切り替えます。
  • 一投目はマキエ無しで際にタイトに落とし込んでみる

面白いことが起きるかもしれないですよ・・・(^◇^)
(もちろん二投目からは普通にマキエしてくださいね。。。)

実際に私が良くやっているのは、上記の攻めです。基本的にはこうですが、水温やエサ取りの状況などを複合的にかみ合わせて、15分が30分になったり3号ハリスが5号になったりします。

尚、風が強く吹く場合、風の向きとは関係無しに、風に道糸を取られやすくなります。この場合フロート系の道糸は仕掛けの安定を欠きます、サスペンド系のラインを予備のスプールに持っておくことが重要だと思います。

ウキも系の大きなウキが勝ります。ベタナギの時と違って、食い渋りはさほど感じる事が無いようです。思い切った仕掛けを選択しましょう!

icon