二枚潮の攻略方法

磯の上物をやっている人なら、二枚潮に悩まされた経験のある人は多いと思います。

チヌのフカセ釣り・二枚潮を発見するには?

二枚潮は釣り難い・・・防波堤も然りで、特に風が横から吹いてくるようなポイントは二枚潮になりやすく、水深があってボトムを狙うような場合は三枚潮になったりする事も多々あります。

チヌのフカセ釣りは、特に半島周りや大島周り、それに内海の湾奥などに好ポイントがありますから、二枚潮や三枚潮は見つけ難い環境での釣りを強いられることも多々あります。

潮のチョットした変化を見極めるには・・・

ウキと対話する力

これが必要なんですね。

通常フカセ釣りで使用するウキは円錐ウキを使用する人が多いです。このウキは風波に強く、慣れて来ると、水中の様子までもウキの表情が伝えてくれます。もちろん棒ウキでも、ある程度のスキルがあれば、簡単に見つけることが出来るのですが、経験上、円錐ウキのほうが的確に水中の様子を捉える物だと思います。

具体的に言うと・・・

  • ウキが浮いている様子に落ち着きが無い(妙にプカプカしてる)
  • まったく、サシエに変化が無い
  • 仕掛けを張ろうとすると、手前にウキが寄ってきてしまう
  • カラマン棒や潮受けストッパーのようなゴムチューブが上潮の流れと違う方向に位置している

こういった感じのときは、水中の潮の流れと、水面の潮の流れに違いがある場合が多いです。これが、二枚潮(あるいは三枚潮)の特徴ですね。

磯の流れは複雑で、ウェブサイト上だけで語れる物ではありませんし、防波堤もそれに近い物はあると思います。

タダ言えるのは・・・
風の向きと潮の流れの向きだけは、常に念頭においておく事が二枚潮発見の最初の一歩だと思います。

チヌのフカセ釣り・良くある二枚潮

二枚潮と言っても、よくあるのが、上潮は風に押されて風下にウキは流れて行くけれど、下潮は流れていないので、まったくアタリが取れない。こういうパターンが、特に防波堤では多いように思います。

こういう場合、水中ウキを使って、下潮の流れを的確に捉える事も大事ですが、マイナス付加のウキを使用して、親ウキごと下の潮を捕らえさせるようにした方が仕掛けを潮にあわせやすいです。

おすすめはKZ-GTR等の全層タイプのマイナス付加のもの(具体的には00号から000号)ですが、サスペンド系のラインを使うか、ハリスを10メートルほど直結にしてハリス部分で仕掛けを作ってしまうようなやり方が勝ります。

いずれにしても、二枚潮や三枚潮は早期発見が一番大事なことです。

良く釣れている時から、シッカリとウキと対話をするように心がけておく事が大事なことだと思います。

icon

チヌ釣り名人、山崎庄一のチヌ(黒鯛)フカセ釣り必釣法
大阪湾で流行の棒ウキを使ったチヌ釣りの妙技!


チヌ釣り 山元八郎 チヌ爆釣バイブル
購入者様用チヌ釣り爆釣バイブル・補足テキスト付き(当サイトからの購入者だけの特典です)