ケーソンによって違う潮

防波堤は基本的に二枚潮になりやすい構造をしていますが・・・

以前の私の釣りで、すごい発見があった事があります。すなわち・・・

ケーソンによって底潮の流れ方が違う・・・

隣同士のケーソンでも底潮は流れていなかったり、反対向きに流れたり、こう言う事が実際にある場合があります

攻略する手は無いでしょうか?

釣りたい層の潮に合わす

強風下でのフカセ釣り底潮の流れと上潮の流れが違うのは、防波堤に限らず良く出くわす潮です。いわゆる二枚潮がこれですが、基本的にボトム中心に狙いを付けたいチヌのフカセ釣りでは、底潮の流れに敏感になっておく必要があります。

防波堤は風波を遮る役目が一番大事な役目です。このため潮を遮るように建設されている物が多いです。

海の中の潮は一定ではありません。そこに持ってきて、人工的な建造物である防波堤が潮を遮ると、そこには海上から見ただけでは判断できない底の潮の流れがあったりもします。

天候が落ち着いている時は、比較的潮も落ち着いた流れをしていると思いますが、これが防波堤に斜めから風が当たってくるような場合、上潮に引かれるように底潮も変化を始めると考えるのが妥当でしょう。

これが広範囲に一定なら組し易いですが、ケーソン一枚一枚で、違う時があります。それぞれのポイントで確実に潮に仕掛けをあわすなら、相当な眼力が必要であるとも思えます。

縦の感覚で考えてみる

潮は、一般的に、沖の大きな潮の流れに手前(波止周辺)の潮が引かれる形をしていると考えるのが妥当です。速くて強い潮に、引かれる潮、いわゆる「引かれ潮」ですね。

波止に沿って強風が吹くような場合、上潮が早く、強く滑り始めます。この場合、強くて速い流れが表層面に発生します。

中層からボトム付近の潮は、この表層面を滑る潮に引かれると考えるのが妥当です。

これにプラスして、敷石の崩れ具合、あるいは船着き周辺なら、船が強くスクリューを回しますから、海底がやや削れた状態になっていると考えることもできます。海底の形状なども潮の流れに作用するという事ですね。

こういう風に、引かれる潮に作用する色々な要素を考えると、底潮も複雑な流れをしていると考える事が出きます、またそういう複雑な潮に出くわした事もあります。

何か対策は無いでしょうか?

沈め探り釣りで狙ってみる

海底の流れはボトム付近の潮に最も確実にあわそうとするなら、沈め探り釣りが有力です。

防波堤の潮のように、あまり強く流れていないような場合でも、この仕掛けは非常に有力で、特に海面の潮が滑るようなときに威力を発揮します。

仕掛けの中で最も潮にの抵抗を受ける部分はウキです。もちろん水中ウキなどを使用することも考えられないことは無いですが、ここではシンプルにウキを沈める釣りを考えて見て下さいね。この最も潮の抵抗を受ける部分(ウキ)で引かれる潮に引っ張らそうというのが沈め釣りの考え方です。

根がかりが少し気になるかも知れないですが、針にオキアミが付いている場合、案外底を這わしても根がかりはしないものです。食い込みの抵抗もかなり緩和されますから、慣れると非常に組し易い仕掛けであるともいえます。

具体的な仕掛けを考えて見ましょう。

防波堤の沈め釣り仕掛け

  • 磯竿は0号から0.8号
  • リールは2500番で道糸は1.7号でサスペンド系
  • ハリスは1号から1.5号で充分です
  • ウキは00号から-Bから-3B程度
  • 1000釣法と言われる、ハリスを10m直結にして、その中で仕掛けを作るような感じがくみしやすいです。
  • 針はフカセ釣り用の軽めの物が良いです。

アタリは、いわゆる体感ショックで来ます。リールをフリーの状態のままアタリを待つ感じが良いです。

とにかく仕掛けの落ちに一番気を使ってください。確実に落とし込むなら、比較的仕掛けの落ちの良い1000釣法が勝ると思います。

針はチヌ用のものはやや太目の軸の物が多いですが、針の重みもサシエの落下速度に微妙に作用してきます。出来ればフカセ釣り用のチヌ針が理想です。

このくらいの準備があれば、ケーソンによって違う流れが発生していても、自分の釣りたいポイントの潮に仕掛けをあわせることが出来ます。

icon