防波堤は二枚潮になりやすい

フカセ釣りの基本はナンと言っても「潮を釣る」感覚、これは磯釣りのフカセ釣りであろうが、船からのフカセ釣りであろうが、防波堤からフカセ釣りであろうが一緒です。

ウキ釣りでポイントを釣る場合、船から下りる前に船頭に教えてもらった場所とかでずっと粘る釣りもありますが、フカセ釣りで潮を釣る場合、それでは中々上手くはいかないです。

どういうことでしょうか?

まずは防波堤の役割を理解する

年無しチヌの魚拓、一応名前の所隠してます・・・(^_^;)基本的に防波堤というのは、非常に二枚潮になりやすい構造をしています。これ、気づいておられる方、実はあまり多くいないように思います。

防波堤は沖堤(沖の防波堤)であろうが、導流堤(導水堤)であろうが、基本は沖からの波の侵略を防ぐ役割が、その主な役割です。波を防ぐと言うのは、それと同時に、自然に流れる流れを止めてしまったり、変えてしまったりしているわけですね。

大半の場合、防波堤はその役割をシッカリと果たします。並の侵略はシッカリと止めてくれるわけですが、その反面、潮の流れもシッカリと止めてしまっているわけですね。この点だけを考えると、防波堤は、オキアミを使用したフカセ釣りには、非常に不利な状況になっているって事なんですね。

遮る物が何も無い防波堤では、風の直撃を受けることがしばしばあります。潮の流れを止めてしまっている所に、風を直撃すれば、当然上潮は滑り始めます。

上の流れは風の方向と同じ、下の流れは流れていない状況、こういう二枚潮が防波堤では良くあります。特に、波止に添って風が吹いてくるような場合(横風)、上潮は結構な速さで流れますが、底潮、あるいはあなたが狙っているレンジの潮はあまり動いていないような状況が多々あるって事ですね。

防波堤では、フカセ釣りと言っても、ウキ釣りをする人が多いです。ボトム一辺倒で狙う場合、ウキ釣りで狙うフカセ釣りも大いにありですが、これが横風の二枚潮を食らってしまうと、フカセ釣りに肝心なマキエとサシエの同調がまったくはかれなくなるわけですね。

しかもある程度深い場所を狙うわけですから、さらに同調と言う点になると疑問符が投げかけられるワケです。こうなると、フカセ釣りはフカセ釣りとして殆ど成立していません、当て推量のボトム、駆け上がり狙いのウキ釣りになります。釣れない事は無いですが、これではもう一つ趣きにかけてしまうんですね。(ボーズの確立も高くなります)

こういう場合、イイ手があります、ぜひ参考にして下さい。

防波堤の二枚潮攻略法

  • ハリス(フロロカーボン)を10m程道糸に直結します。
  • ハリス部分で仕掛を作りますが・・・
  • ウキは00号、もしくは−0号負荷のものを選んでください
  • クッション水中や潮止めストッパーのような、潮をシッカリと捉えるウキ止めのゴムを使用して・・・
  • 口ナマリを打ちます。(G2からG5程度、針上10センチ程度の所)
  • 針は太軸の物を選択します。

こんな感じで、仕掛全体をじんわり沈めて釣る釣りが、防波堤の二枚潮対策には効果があります。

ハリスを長く取ってその中に仕掛を作れば、いわゆるアッパーライン(ウキから上のライン部分)がフロロになりますから、これは仕掛の沈みが良いです。ウキはマイナス負荷の物を使用して、上で滑る潮をとりあえずかわします。

水面下に仕掛けが入れば、あまり流れていない潮を釣るわけですが、こういう場合出来るだけ、仕掛全体に潮の抵抗を受けやすいようにゴムチューブ(ウキ止めのゴム)の部分にも、抵抗の強い物(具体的には表面積の大きな物)を使用して、出来るだけ潮を捉えるようにします。

口ナマリはこの場合、おまじないのような物ですが、上が滑る時は、案外効果があるもんです。太軸の針とセットにして使用すれば、仕掛の落ちが良くなって、ボトムにまで、サシエが届きやすくなります。

防波堤の高さがあって、穂先を海に付けれないような場合、道糸部分を風に取られますが、こういう場合はゴムチューブの直ぐ下にガンダマを足してやるのも有力です。ケースバイケースで色々やってみてください。

防波堤で風が強く吹く場合、二枚潮を常に注意しておくことが肝心です。

ぜひ参考にしてイイ釣りをして下さいね♪

icon