防波堤で潮を釣る

グレ釣りでは当たり前に言われる「潮を釣る」感覚、磯の上物だけの理論じゃない事は、フカセ釣りに詳しい人ならお解かりだと思います。

チヌのフカセ釣り・潮目を狙う

防波堤は確かに潮の流れは緩慢な場所が多いです。しかも、流れがガンガン行くような場所があったとしても、ガンガン流れている間はあまり当らない事が多いんですね。(こういう場所に限って潮止まりが良かったりします←要するに流れてない方がイインですね・・・)

防波堤で偶然出会った潮目

右の写真は、前線の通過時に風が強くなって、沖からの潮が堤防の内側に入ってきた時の写真です。縦に伸びているアワ(ゴミみたいに見えますが・・・)が、入ってきた潮の先端で、左から入ってきた流れです。

この潮が入るまでは写真の右側から左側に潮が流れていたような状況でしたから、ちょうどアワの下で潮がぶつかっている様な状況と言うわけですね。

この潮が入ってきた瞬間、大量のエサ取りが湧き始めました。具体的には、フグ、ハゲ、それに大阪湾の防波堤では珍しいバリ(アイゴの子供)が大量に発生して、サシエは毎回音も無く?無くなっているような状況だったんですね。

画像のアワの部分、これが一般に言われる「潮目」ですが、もちろん、こういった潮目がハッキリと認識できた時は、「とにもかくにも狙う!」が正解です。極端に言えば、レンジ(サシエを捕食させる層)やタナ(普通にチヌが生息している層)なんか適当でいいですから、とにかく、潮目に向けて仕掛けを放り込む事が最優先なんですね。

潮目は、潮がぶつかっている状況で起きますから、単純に考えると、潮を釣る際に一番美味しいとされる下方向に流れる潮があるかも知れないわけです。(この潮に乗った時は、高確率で当ってきます)

具体的に言うと、これまで普通にシブシブを保っていたウキが、流れに引っ張られて沈んでいくような状況ですね。これは磯釣りをやっていると、良く出くわしますが、大阪湾の防波堤にもチャンとあるんですね。

大阪湾の防波堤・潮目の特徴は?

画像の潮目は風の影響で起きましたが、通常は、防波堤に当った潮が跳ね返って、次に入ってきた潮とぶつかって潮目が出来るって言うのが、大阪湾の防波堤では一般的です。

防波堤の基本図(潮目編)この図は、「ケーソンの継ぎ目を利用する」のページで設置したポイント図に少し手を加えた物ですが、グレーの部分が捨石の部分で、捨石の先端までが約10メートルで、その上で潮目になりやすい状況を表した物です。

基本的に堤防と平行してアワ溜まりが連なっているような状況を目撃した事がある人も多いと思いますが・・・

おおよその場合、そのアワ溜まりの下に駆け上がりがあります。

アワ溜まりが、堤防に近づきすぎたり、遠くに離れ過ぎたりする事もありますが、それは、当ってくる潮の強弱でそういう風になることが一般的で、アワ溜まりの周辺を狙う事がフカセ釣りのチヌ狙いの基本と言ってイイと思います。

慢性的に潮目が出来ている場合は、レンジを探っていく事を要求されますが、突発的に出来た潮目は、とにもかくにも仕掛けを入れる!

これで年無し拾ったこともあります♪(^_^)v

ぜひとも覚えておいて下さいね!

icon