中長距離を潮を釣る

チヌのフカセ釣りのフィールドではあまり無いかも知れないですが、沖合いに早い潮が走っているような場合、その潮に引かれる引かれ潮、反転流などの良潮が発生する場合があります。

これらの潮は多くの場合、グレ釣りに都合の良い潮ですが、瀬戸内などのポイントでは、この速い潮で食わせるチヌ釣りなどもあります。

基本的な攻め、使用すべきタックルなどを考えて見ましょう。

フカセ釣りでチヌ・激流攻略

ベタナギですが・・・汗沖の早い潮の見極めは、もちろん仕掛けを入れれば直ぐに判りますが、もし近くで漁師の船などがあったら、それを参考にされると良いです。基本的に漁師船は潮上に舳先が向いてますから、これである程度の潮の方向は解ると思います。

磯の先端の沖合いで速い潮が走る場合、先端からは本流狙い、本流までの距離が長ければ引かれ潮を狙う感じです。チヌ釣りにはどうでしょうね・・・、引かれ潮を狙う感じの方がイメージしやすいと思います。

これに対して、陣取った場所が礁(しま)の胴のような場合は、本流に引かれる前の潮が磯にぶつかって反転しているような場合があります。これが反転流と呼ばれる潮で、この潮も好ポイントになりやすいです。

チヌのフカセ釣りは比較的、流れの緩慢な場所がメインになる事が多いです。これは生息域から考えて、沖磯よりも大島周りや半島周りに分があるチヌですから、あまり速い潮を釣るってことは少ないと思います。

しかし、緩慢な流れにも、遅ければ遅いなりの本流があると、私は見ています。もちろん、それに対する引かれ潮もあれば、場所や磯の形状によっては反転流も発生すると見ています。これらの攻略法は、フカセ釣りアングラーなら必須と呼んでいい出と思います。

本項では緩慢な流れのについては記述は割愛しますが、強い流れを釣る場合、重要な事は・・・

  • 流れに負けないウキを選択する事
  • 流れに負けないようにガンダマ設定をする事
  • ラインメンディング
  • マキエの撒き方

こういう感じだと思います。

流れに負けないウキと言うのは、流れが強く速い場合、どうしても中距離から遠距離のポイントを釣る事になります。こういった場合、食い込み重視の径の小さいようなウキではポイントから外れることが多く、この場合は径の大きなウキを使用するほうが勝ります。

また、流れが強い場合、道糸に掛かる抵抗は相当なものになります。ウキに仕掛けを引っ張らすような感覚で釣る事になると思いますが、その先の仕掛けが浮き上がってしまってはこれも、殆ど食わない仕掛けと呼んでも過言ではないでしょう。

場合によっては、激流攻略では、1号のウキに3号くらいの中通しのオモリを使用したりすることもあります。ウキごと沈めて、親ウキに水中ウキの役割をさせるような釣りも考えておかないとダメです。

さらに、激流攻略では、一番考えておかないとダメなのが、道糸に掛かる抵抗です。特に横に向けて潮が走るような場合、長距離になればなるほど、流したい本線から仕掛けは外れやすくなります。常にライン操作を考えておかないとダメってことですね。

マキエの撒き方は、色々な所に撒いてしまっては、これもポイントがぶれる元になります。何処に利いて来るか良く分からない場合は、足元に撒く程度で、こぼれたマキエを食わすよな釣りを組み立てる事になります。まあ、良潮が流れていれば、これでも十分に食ってくると思いますが・・・

フカセ釣りでチヌ・激流攻略用のタックルは?

使用タックルは、基本的にやや強めのタックルがおすすめです。特に本流釣りになる場合は、軟調のロッドを使用していては、仕掛けの回収だけで一仕事になります。具体的には・・・

  • ロッドはチヌ狙いと言えども、1.5号〜2号くらい
  • リールは3500番で道糸は3号程度までで良いですが、200mくらいは巻いておきたいです。
  • ウキは径の大きな物(LLサイズ)が良いです。SICリングの付いた糸の落ちの良い物がベストです。

こういう感じが良いと思います。

50mから100mくらい沖で、例えば食ってきたチヌが年無し(50cmオーバー)だったら・・・

おそらくタモに入れるまでで、大の大人でも肩で息をさせられます。水圧の加減で、相当に重く感じると思います。(実際重いですが・・・^_^;)
こういうパターンを想定すると、磯竿は軟調の物で1.5号、普通に釣り易さを考えれば2号クラスがおすすめと言えます。

長距離ラインから獲物を引っ張ってくる場合、リールもかなり物を言います。通常チヌのフカセ釣りでは2500番から3000番の使用がメインですが、一回りから二回り大き目の番手を使用すれば、やり取りにおいて、かなり優位に立てます。(もちろんカラ針回収も楽になります)

ウキはサイズの大きな物で、ポイントやレンジをシッカリとキープできるものを・・・
大きいから食い込みが・・・、って言うのは、激流攻略では殆ど考えなくて良いと思います。

関西では明石海峡付近が激流釣り場ですが、一度試してみないとダメですねぇ・・・
良い潮が入った瞬間であれば、真鯛などもヒットしてくると思います。

icon