瀬際から近距離を狙うタックルは

磯釣りで足元に魚が見えているときは、とにかく狙ってみたし、狙うべきだと思います。

基本的に「際と遠投は多少仕掛けが太くても食ってくるもんだ」って言うのが定説ですが、実際はどうなのかと言うと・・・やっぱり太くても食ってくると思います。(^_^)v

ではタックルはどのようなものが良いでしょうか?

瀬際を攻めるフカセ釣り

磯釣り

瀬際の攻めにも色々ありますが、基本的に沖から当ってきた潮と島にぶつかって反転する潮がぶつかり合う場所が多数存在するのが瀬際から近距離って言う事だと思います。

もちろん底や壁の形状によってはサラシが出来たり、潮目が出来たりする場所もあります。強い流れがそばにあれば湧き潮(カガミ)になる場合などもあり、これに複雑な地形がプラスして、思ったより難しいのが瀬際の釣りと言えると思います。

基本的に際の釣りは段シズを使用して攻める釣りが勝る場合が多いです。

完全フカセに近いような仕掛けは、一発波に吹っ飛ばされたらそれまでです。上潮の強い流れに仕掛けを取られてしまっては、アタリは遠いです。

こういうときはウキの表示されている号数よりも過負荷にガンダマを使用して、沈めながら流すのが正解になる場合が多いです。

具体的にはBから3B程度のウキを使用して、BならばガンダマはBを2個から3個くらい段打ちにするとか、3Bならば、3Bにプラスしてハリスの真ん中にBを打ってみるとかです。

過負荷の仕掛けは、ダラダラ流してしまうと、仕掛けは底まで沈みますから、根がかりは必至です。張りながら流すのが正解になりますが、自信が無い場合は・・・

  • 大き目の水中ウキを使用して・・・
  • 小型のアタリウキでアタリを取るようにする

山元ウキにこんな感じのモデルがあったと思いますが・・・(タナプロ・・・?)、水中の釣りたい潮に仕掛けをシッカリと合わせることを考えた時に有力な手法だと思います。

大き目の水中ウキを釣りたいレンジの潮に引かせます。小型のアタリウキは、潮の抵抗を極力受けないですから、少し強めに張りを入れて、仕掛けが斜めを向くように張りながら流すのがこの場合のコツです。

瀬際の仕様タックルは太目が基本です。

磯竿はチヌ狙いと言えども、1.5号は欲しいです。また道糸は上潮に取られやすいのも瀬際の釣りの特徴です、ハリスを10mほど直結にして、その中に仕掛けを全部入れてしまうような仕掛けが馴染みがよくて扱いやすいです。

ハリスは2号から3号を中心に・・・、当たったら、強烈な合わせをくれてやって、とりあえず一旦ロッドを起こしきるのがミソだと思います。

瀬際のチヌは強烈な物も多いですが、糸を出すやり取りはNGです。
一発目の合わせで起こしたら、とにかくのされないように、ロッドのポテンシャルを最大限に発揮するようにします。

瀬際の基本タックル

  • ロッドは1.5号で、出来ればズームタイプが使いやすいです。
  • リールは2500番でレバーブレーキが扱いやすいです。
  • 道糸は2号でチヌならば、十分だと思います。
  • ハリスは2号から3号がおすすめです。
  • ウキは沈め探り釣り対応の物かタナプロのようなセット物が良いと思います。
  • 段シズを打って、仕掛けを上手く馴染ませるようにします。

icon