湯川シャク

フカセ釣りをする際に最もこだわりを持つべき道具・・・
これおそらく、ウキにこだわる人が一番多いんじゃないでしょうか?

もちろんロッドからリール、それに道糸やハリス、針や仕掛けの結束なんて言うのにも、アングラー個々の独自のこだわりって言うのがあると思います。

私自身、釣り具と言う物には色々こだわりも持ってきましたし、大変な大金をこれまで投じて色々な釣具を買ってきました。そんな私が、フカセ釣りでこだわりを持っておきたいと思った道具・・・

最近じゃ釣竿にもあまりこだわりを持たなくなりましたが、マキエシャク、これにチョット凝ってます。おすすめのマキエシャクは・・・

湯川シャク・68cmのシャフト

湯川シャク(バッカンは死にかけですが・・・汗)チョット画像が見難いですが・・・(こんなしかなかった・・・汗)

私のマキエシャクはズバリ、「湯川シャク」ですね。以前ネットの通販で求めた物ですが、これは抜群に良いシャクだと思います。

高価なシャクなので万人受けは難しいと思いますが、あなたがもし、コテコテにフカセ釣りが大好きな人だったら、このシャクはおすすめですね。(回しモンとはチャいますけどね・・・^_^;)

このシャクはサメ革仕上げのグリップとか、トーナメンターのご用達とかで有名だと思いますが、私が使った感触で言えば、シャフトの弾性がメチャ良くって、長さの68cmが目からウロコのシャフトの長さ、このバランスでマキエのコントロールが非常に付けやすいって言うのが特徴だと思います。

まあ、滑らないグリップも確かに助かりますが、磯釣りで(波止釣りもですが・・・)は、あまりグローブを着用しないので(もちろん冬場は付けてますが)、ほとんどシャクのグリップが滑ったことが無いので、これは別になんとも思わなかったのですが、マキエのしやすさ、コントロール、それに距離・・・、シャクが変わればマキエも変わるということが使ってハッキリと自覚できたことがあります。

カップのサイズは大と小が確かあったような・・・?(うる覚え・・・涙)

私は小のカップのものを求めましたが、チヌ用では大カップが良いと言う話もあります。まあ、ここら辺りは、エサ取りとの相関関係で変わってきますから、本来ならカップの大小で2本揃えておくべきなのかも知れないです。

ちなみに、荷掛けにバッカンを掛けた時用でがまかつのまっきーな?(の短いヤツね)を使用してますが、普通はあんなもんだと思います。

これ以外にも山元シャクや立石シャク(これは新しいうちは中々・・・)も使いましたが、やっぱり湯川シャクが抜群だと思います。

フカセ釣りですから、こだわるのはマキエとマキエシャク・・・、正論だと思いますがいかがでしょうか?

icon