フカセ釣りのウキ・パート4、ウキの形状とフカセ釣りの戦略

チヌのフカセ釣りに使用されるウキは円錐ウキから棒ウキまで、様々な種類がありますが、ここでは円錐ウキの基本的な形状を取り上げます。それぞれの形状が持つメリット、デメリット、それに、それぞれの形状のウキを使用するべき基本シチュエーションを解説します。

自分の持っているウキをより効果的に使うも良し、次にウキを買うときの参考にされるも良し。まあ、フカセ釣りが大好きなあなたなら、ウキに関しての知的好奇心は旺盛だと思います。

一緒に考えましょう♪

円錐ウキの基本的な特性

山元ウキ、よー沈みます(笑)ウキを選択する際にはサイズと号数にバリエーションを持つ事が重要な事である事は、当サイトで先日解説しました。

まあ、フカセ釣りをする人から見れば当たり前のことですが、これに、さらに色々なウキの形状があるワケですね。

基本的に細長いどんぐりタイプはオールマイティと言われます。ずんぐりむっくりの円錐ウキは低重心で安定感があるタイプ、斜めタイプは二段ウキに使用が適していたりします。これに環付きタイプがあったりするわけですね。

天面にフラット感があるタイプは認視性が良かったりしますが、松田ウキなどがこれです。松田ウキに関しては、別項で述べるとします。

円錐ウキの形状と特性

円錐ウキオーソドックスなどんぐりタイプ

オールマイティな形状で潮乗りが良いものが多いです。投入する際のコントロールも付けやすく、一番使いやすいタイプだと思います。

デメリットとしては、誘いをかけた後の復元性にやや難があります。ラインメンディングのテクニックが特に顕著に出るタイプだと思います。


円錐ウキ低重心のどんぐりタイプ

このモデルは基本的に、サラシの釣りやボトム狙いのウキに多いタイプです。表面積が大きいですから、潮乗りが良く、遠投タイプや本流タイプなどにも多く見かけられます。

チヌのフカセ釣りでは、人気のあるタイプですが、号数の大きな物をメインに考えられるとイイと思います。トップやシャローで食わすには、若干抵抗が大きいので、オーソドックスなタイプに機能的には劣るかもしれないです。


斜め円錐ウキ斜めタイプ

キザクラのKZ-GTRに代表される全層仕掛けのメインのウキと言ってもイイと思います。後発で色々でますが、この形状の良さは郡を抜いています。

フカセ釣りに最も有用な仕掛けを寝かせる(角度を付ける)と言うキモの部分を自然な形で表現できます。流れがシッカリとしている場合は特に顕著に現れます。

デメリットとしては、流れが無い時には、操作性に若干の難を残す点と、横風や正面からの風が吹く場合は、風下を向いてしまう事くらいです。まあ、沈め釣りにすれば、どうと言う事はないですが・・・


環付きタイプの円錐ウキ環付きタイプ

天狗ウキに代表される環付きウキのタイプですが、最近では多くの環付きタイプのモデルが市販されています。

このモデルは道糸が海面下に沈むため、風の抵抗には、普通の中通しのモデルよりも強いです。さらにスナップを使用すれば、ウキのローテーションが簡単になります。

デメリットとしては、投入時に仕掛けが通常のモデルに比べて、絡みやすい点ですが、慣れればどうと言う事はありません。


これらのモデルにφの大きさ、さらには号数が、潮や天候の状況や、狙っているレンジ、ターゲット、時間、ポイントなどの色々な要素を総合的に判断して一つのウキを選び、使用します。

当れば嬉しいのは当たり前ですよね?

フカセ釣り以外の人も、この面白さに気づいていただければと思います。

icon