和歌山・古座の磯・チョボのチヌ釣り

和歌山のチヌ釣りメッカはたくさんありますが、その中でも私が好んで通っているのは古座です。

この磯は古座川の恩恵を受けているため、チヌが非常に濃いです。しかも、あまり小型が当って来るということはありません。40cm級から年無しチヌが高確率で拾えます。

古座をシリーズで特集してみます。

古座の磯・小箱のチョボ

古座藤田渡船南紀の磯は寒の時期の潮岬周辺は大変込み合いますが、岬を過ぎて古座、勝浦あたりまで行くと込み具合もそうでもないです。

釣れるんですが・・・、みんな岬周辺に行ってしまいます。まあ、クラブの兼ね合いや色々なものがあると思います。それにホームグランドにして頑張る人とかも多いわけですから、それに対してどうこう言うつもりは一切無いです。

さて、本項は古座磯で、沖磯になる小箱のチョボですね。これを解説してみたいと思います。

チョボは、ショチョウ島のちょうど裏側で、潮の通り具合はあまり良くないです。夏場はやった事が無いですが、相当なエサ取りがいるはずです。まあ、寒の時期でも相当にエサ取りは強烈ですが・・・(^_^;)

小箱のチョボは足場が低く、大潮の満潮時にはチャラン棒が無いと釣りにならないです。かく言う私も、バッカン吹っ飛ばされた事があります。

しかも、干潮時にはかなり感じの悪い釣り場ですが、満潮で足元がやばくなってくると、一気に食いが立ってくるような場所です。

満潮時に向かえの船が来ると、ホースヘッドに飛び乗るのも、しがみついて、よじ登る感じになりますから、体力や腕力に自信の無い人は、直ぐ近くにある大箱に乗るようにしてください。

古座の磯・小箱のチョボ・ポイント図

小箱のチョボ、ポイント図

図ではグリーンに塗ってある場所がシモリを表します。シモリに囲まれたイラストの場所がチョボです。チョボは見ての通り、釣りが出来る箇所の足元は全部シモリだらけです。

ここは石鯛も非常に濃いですが、底が粗すぎて石鯛仕掛けは一投ごとに仕掛けが無くなります。試した人がいるそうですから、まず間違いの無い所、いくら石鯛が欲しくても上物で狙う事になります。

そういう場所で、釣りをするからには、それなりの道具立てで臨むのが望ましい所だと思います。

古座の磯・小箱のチョボ・基本仕掛けと口コミ情報

  • 竿は1.5号で5.3mのもの(長めのレンジの物があれば重宝します)
  • リールはスピニングリールで2500番から3000番
  • 道糸は1.7(5)号(1.8号)から2号
  • ハリスは2号以上がおすすめです。
  • エサ取りとの兼ね合いで、ウキは種類が必要です、ゼロフカセ対応型のものが望ましいです。
  • 針はグレ針で6号から7号程度

寒の時期に釣るといっても、北西の風が西に振ると、真横からの風になります。このため、道糸は細めで、サスペンド系のものが重宝します。

当たり前ですが、このくらいシモリがあると、簡単に糸は出せない釣りになりますから、2号ハリスで、「仕掛けを切られるくらいなら、竿を折られるほうがマシ」くらいの気合が必要です。まあ、1.5号の竿で2号ハリスなら、竿にダメージが無い限りはハリスが飛びますから、折られる事は・・・
タマにしかありません。(タマにゃあります・・・(^◇^))

前方に串本大島が見えますが、南東方面が樫野崎で、樫野方面から潮が突いてきだすとアタリがある場合が多いです。図ではショチョウ島の先端から入ってきた潮が左から右に抜ける潮で実績があります。

シモリの先端から先へ仕掛けを送っても、水深は余りありません。深くとっても1本半くらいまでを狙う釣りになります。

グレは寒の時期に同じ釣り方でもちろん釣りますが、竿3本くらい先の左から右に抜ける潮を狙います。深くとりすぎると、サンノジがうるさいので、1本まで釣る感じだと思います。(まあ、これはケースによって変わってくると思います)

グレは40cm前後ですが、30センチ台が多いです。グレを狙う場合は1.5号のハリスが良いとおもいます。

それと、ここは夕方まで頑張れるなら、頑張った方がイイ事が多いです。古座は全体的にそうですが、寒の時期の夕方に大型があたってくることが多いです。

コロダイ(だと思います)のスーパー良型が、よく挨拶に来ますから、幾度と無く悔しい思いをさせられるポイントでもあります。一回遠征3号に10号ハリスで勝負してやらないとダメですが・・・(^_^)

icon