和歌山・古座の磯・瀬島(セシマ)のチヌ釣り

和歌山のチヌ釣りメッカはたくさんありますが、その中でも私が好んで通っているのは古座です。

この磯は古座川の恩恵を受けているため、チヌが非常に濃いです。しかも、あまり小型が当って来るということはありません。40cm級から年無しチヌが高確率で拾えます。

古座をシリーズで特集してみます。

古座の磯・瀬島

古座での釣果です。グンカンやったかしら・・・古座は手前に九龍島(くるしま)と言う大きな島があり、沖合いに大箱と小箱と言う大小の島があります。足場は比較的マシな方です。手前のグンカンや小箱のチョボ何というところは足元を波が洗う時がありますが、大箱やクルシマなら、比較的安全に竿が出せます。

本項は、瀬島を解説してみます。参考にしてみて下さいね。

瀬島は古座の中では上物では一級磯の部類になると言えます。グレの魚影は大箱の方が濃いと思いますが、チヌやマダイ、あるいは寒の時期から春先では石鯛が良くあたってきたりもします。

足場は良好ですがやや低いです。満潮時には気をつけないと、バッカンがなくなります。(^_^;)
島の中ほどに適度な潮溜まりがあり、これも何かと重宝します。

古座の磯・瀬島ポイント図と基本仕掛け

古座の瀬島・ポイント図絶好の潮は上り潮で、満潮前後のしゃぶしゃぶ状態がアタリが良く出ます。水深は足元でどうでしょうねぇ・・・、2本までは無いと思います。

遠投すれば、かなり深ダナ(3本くらい)まで狙えますが、この狙いにマダイがあたってきますから、出来れば遠投する場合は3号のハリスが良いとおもいます。

図で、グリーンのゾーンは根があります。根のほうから北に向かって流れる潮で実績がありますが、根に向かって流れても釣れない事は無いです。

チヌを狙う場合、1本前後のレンジをサスペンドさせる感じが良いと思います。私は実績で言うと、こんな感じですね。

船付き周辺が大体チヌが良く釣れますが、やや北よりにポイント取りすると、事チヌに関しては上手くいく事が多いです。逆にグレがお望みの場合は、根に近く陣取る方がおすすめです。

釣り方は、出来るだけ軽い仕掛けで、縦に入る潮を探します。ウキごと吸い込んでいくような潮に仕掛けが入れば、高確率でヒットしてきます。

使用タックルは・・・

  • 竿は1.5号がおすすめです。(5.3mが良いと思います)
  • リールは2500番か3000番
  • 道糸は2号
  • ハリスは1.7号から2.5号
  • ウキは小粒のBを中心にその前後
  • 針はグレ針の6号から7号

こういう感じです。

古座の磯・瀬島・口コミ情報

ここの底は非常に荒いので、石鯛やブダイ系のチョット厳しいのもあたってきます。こういう系に仕掛けを吹っ飛ばされると、それまで!になる事が多いので、少し強めの道具立てで望むほうが賢明です。

グレは口太中心で、寒の時期は40cm前後が中心に良く釣れます。と言っても、30cm級が大半ですから、グレ狙いの場合はハリスは1.5号を使用します。これで、45センチまでなら、頑張って取ります!(^_^)v(気合で取ります)

チヌに狙いを絞ると、変なのも良くあたりますから、チヌ狙いのほうが太仕掛けでやるのがコツです。

船付きの反対側も釣れますが、上りが入っているときでないと苦しいかもしれないです。まあ、古座磯は上りが入らないと、相対的に卦が無い場合が多いですけどね・・・

尚、下りっぱなしでも、瞬間的に上り潮向きに流れる事がありますが、そういう瞬間は時合いなりやすいので、注意しておくといいです。

古座は藤田渡船が世話をしてくれます。釣果情報はここです。延長で夕方までやるのがおすすめです。夕方は時合いになる事が多いです。

icon