食わせるレンジを想定する

磯釣りで狙うフカセ釣りのチヌ

関西(特に和歌山)の磯では春先から大型のチヌが各磯で狙えるようになります。有名な所では御坊、三尾から切目、もう少し南下して南部から田辺周辺、そして私の大好きな串本から勝浦にかけて、いずれも大型のチヌが狙えるポイントが多く存在します。

紀伊半島の特に南部(南紀)では、どうしてもグレ狙いのアングラーが多いですが、ポイントにあぶれてしまった時や天候が思わしくなくて地回りの釣りを余儀なくされるような時には、好んでチヌを狙ってみますが、これが中々・・・

荒い底から引きずり出すチヌの迫力は、グレのシャープなツッコミとはまた違った面白さがあって、特筆物だと言えると思います。

まずは磯からのチヌはどう狙うべきか?
私なりに気づいていることを書いてみますね!

レンジが変化しやすい磯チヌのフカセ釣り

磯から狙うフカセ釣りのチヌ磯からフカセ釣りでチヌを狙う場合、特に顕著なのが・・・

『何処で食ってくるかサッパリ分からない?』

これをいつも思います。

基本的に底を釣る方が分があるチヌのフカセ釣りですが、こと磯でこれをやるとなると、平気で2ヒロまでの浅ダナで当ってくる事が結構あります。

一番多いのは2ヒロ半くらいで当ってくる事が多かったですが、それでも平均的な水深は2本から3本・・・

マキエに釣られて上がってくるのかと思えば、あっさりと竿3本まで下げないと食ってこないようなこともしばしばです。しかしながら実績から、磯ではチヌは比較的浮きやすい性質があるのではないかと思っています。

チヌのフカセ釣りでもグレの主魚剤を使う

私は、チヌのフカセ釣りをする際にも、いつも決まってグレの集魚剤を使います。

これは、何処で食ってくるか分からないのなら、比較的比重の軽い配合で浮かせたほうが、有利にことを運べると言う意識からそうしてますが、これで結構結果が出ているので覚えておかれるとイイと思います。

大阪湾の防波堤でもグレ対応の集魚剤を好んで使いますが、これも結構効き目があります!(^_^)v(暖かい時期は特に・・・)

紀州釣りのような完全に底を狙う釣ではチヌ対応の集魚剤に分があるように思えますが、フカセ釣りの基本は、やっぱり「魚を浮かせて釣る」と言う事です。

チヌは比較的浮きやすい。少々水温が下がっても浮かせるという意識の元、そういう手法を試みれば、案外浮く物なんですね。

ちなみに・・・

グレ対応の比重の軽い集魚剤とは言え、時間の経過と共に、だんだんと深い場所も怪しくなってきます。

こういうときは中途半端にタナを落とさずに、思い切って底まで落とすほうが勝る場合が多いですが、さて・・・?

icon