ノッコミチヌを狙う

紀伊半島や四国沿岸、それに九州沿岸の各磯では、おそらくやろうと思えば年中チヌはフカセ釣りで狙えると思います。

ただ条件的に・・・

チヌのフカセ釣り・条件的なこと

画像提供クロダイ三平.com

  • グレを狙ったほうが分がある
  • エサ取りがきつ過ぎて釣りにならない

こういう時は、素直にグレを釣ったり底物やってたりしてた方が賢明の場合も多々あります。

チヌは水温が少々低かろうが高かろうが、潮周りが良ければ食ってくる物です。

関東から西日本の磯釣ではあまり無いかも知れないですが、10度を下回るような低水温でもチヌは元気良く食ってきますし、25度を超えるような高水温でも食ってきます。ここいらがグレと対照的なところだと思います。

低水温時には、もちろんエサ取りも少なくなります。それと同時にグレも殆どいなくなるワケですが、これが大体3月から4月にかけて・・・
この時期は産卵を間近に控えたノッコミチヌの時期でもあります。

チヌのフカセ釣り・ノッコミチヌについて

基本的に地磯周りや半島周りがメインの狙いとなるフカセのチヌ釣りはエサ取りとの壮絶なバトルをも意味します。それゆえにさなぎやコーン、場所によってはスイカなどもサシエサにするわけですが、ノッコミのエサ取りの少ない時期にはオキアミエサで充分に自己記録が狙えるワケですね。

ノッコミのチヌは一般的に引きが弱いと言われます。

中々どうして、年無しと呼ばれる50cmを超える大型が掛かって来れば、それなりの引きは楽しめます。水温の高い時期の秋チヌの引きには確かに劣りますが、それ故に、フカセチヌアングラーが目の色を変えて自己記録を狙うのもこの時期なワケですね。

黒潮(の支流)が影響するような地域ではノッコミは年明け早々から始まる場所もありますが、基本的には磯チヌのノッコミは2月からと考えていいでしょう。

ノッコミチヌは神出鬼没が基本ですが、各地域の一級ポイントと呼ばれるところは、ほぼ毎年実績があるはずです。

狙う際には渡船店や、近隣の釣具店、釣りエサ店に詳細を教えてもらってから釣行すればイイと思います。

icon