風に強いチヌのフカセ釣りの仕掛け

磯釣りでフカセ釣りでチヌを狙うには、風対策、これを仕掛けのバリエーションに考えておかないと釣りにならない事があります。

フカセ釣りのチヌ釣りとエサ取り

強い風の中釣ったチヌ、サイズは・・・?(^_^)基本的に磯釣りでチヌをフカセ釣りで狙う場合、エサ取りとの戦いになる事が多いです。これは、経験者なら当たり前、そんなに磯釣りを経験していない人でも、ある程度察しはつくと思います。

エサ取りをかわす方法はたくさんあります。色々な釣りの引き出しを自分の中に増やして、それらを複合的に使う事で対処しますが、基本的に大きなオモリのついた落下速度の速いサシエサはエサ取りに発見されやすいですから、エサ取り対策の基本としては出来るだけ軽い仕掛けで、狙っているレンジまでサシエサを運ぶ事が重要です。

こう考えると、軽い仕掛けは出来るだけ使いたいけど、風が吹いてくると、軽い仕掛けはレンジまで入らなかったり、全然違う所を流してしまったりと、中々難しい物があるんですね。

エサ取りがあまりいない場合や、近場を狙っていてエサ取りだらけになって思い切って遠投で狙うような場合は、少々ゴツいガンダマを使用していても大丈夫なんですが、こういう場合で風が強く吹いてきたら、水中ウキの使用などが一番良いかも知れないです。

風が吹くと、風に上潮が流されますから、水中の狙っているレンジとは違った流れになりやすいです。水中ウキは、狙っているレンジの潮に引かれますから、比較的マキエとの同調がはかりやすいです。

しかし、これもエサ取りが大量に発生しているような時は、大きな水中ウキが逆効果になる場合も多々あります。アタリもなしにえさを取られっぱなし見たいな感じですね。

沈め釣り

こう言う場合は、マイナス負荷のウキを使用して、ウキごと水中に沈めて狙う沈め釣りが成立します。

全遊動タイプで00号や000号を使用して、ハリスには出来るだけガンダマを打たずに仕掛けを沈めていきます。マキエサのオキアミと同じくらいの落下速度になるように、ラインメンディングやウキのローテーション、ガンダマ等で調整します。

アタリはダイレクトに竿まで来ますから、これぞフカセ釣りの醍醐味と言えるでしょう。

尚、風向きによっては仕掛けの入り具合が悪い事もしばしばありますが、ハリスを10mくらい直結にして、そのハリスの中に仕掛けを作ってしまうと、沈みも良ければ入りっぷりも良くなります。

風が無ければ入りすぎになったりもしますからケースバイケースですが、フロロカーボンが道糸になるような仕掛けを作ると、ガンダマのG2からG5分くらいは仕掛けの入りが良くなると覚えておかれると良いと思います。

ぜひ参考にして、イイ釣りをして下さいね♪

icon