基本的にはグレの仕掛けでOK!

磯釣りで狙うフカセのチヌ釣りはどういう仕掛けで臨むべきか?

磯のフカセで狙うチヌは基本的にグレ狙いとほぼ同じ物でOKですが、違いも多々あります。

チヌのフカセ釣り・ロッドとリール

当サイトに先日投稿した記事グレ竿とチヌ竿の違いで少し触れましたが、チヌだけ狙うのであれば、グレ竿なら0号から1号チヌ専用の磯竿なら、フィールドにあわせて号数を選択すれば十分に事は足ります。(グレ竿なら、がまかつアテンダー、チヌ竿ならシマノ鱗海がおすすめか?)

まあ、専用で狙い物によって竿を持ち返れるだけの経済力がある人は、色々号数や銘柄を揃えて置けばイイと思いますが、しんどい人は1.2(5)号から1.5号クラスでお気に入りのロッドがあればそれでグレもやれるし、事は充分に足ります。

磯チヌの仕掛けはどうする?リールはもちろん軟調の竿に合わせて2000番から2500番程度、一般的にはレバーブレーキの付いた物が使用しやすいでしょう♪

道糸は各人によって好みの分かれるところ・・・私は、磯チヌでもグレでもおおよそサスペンド系(中層を漂うタイプ)を好んで使いますが、フロート系(浮くタイプ)がお好きな方も多々おられます。(グレ釣りの人に多いかな?)

まあ、比較的地磯周りや半島周りの風波のチョイマシな所でチヌは狙う事になりますから、これを考えるとフロート系が良かったりもするかも知れないですが、チヌはレンジ的に何処で食ってくるか?分かり辛いターゲットです。

こう考えると、全層仕掛けやスルスル仕掛けがチヌ釣には便利ですが、これらを多用する場合は、やっぱりサスペンド系が使いやすくなりますから、できれば交換用のスプールを用意して数種類持っておくのがベストだと思います。

チヌのフカセ釣り・ハリスやウキは?

ハリスは、これも場所によりますが、1号から2号程度が原則多数派です。しかし、大チヌのメッカで60センチ超の“ビッグママ”が狙える場所では3号以下に落とすべきでは無いと思います。この辺りは別項で詳述します。

ウキは、チヌの場合は基本的にボトムの釣りになる事が多いですから、低重心で細長い形よりも、ずんぐりむっくりの形状のほうがイイようですが、これも、私はグレ対応のウキを普通に使って普通にアタリが取れてますから、形にはそんなに拘る事は無いと思います。

しかし、フカセ釣りをしていて、ウキにこだわりを持つのは、これはアングラーとして当たり前のこと・・・

これに対しては、銘柄や数を多く持つ事に拘るよりも、特に名人ウキなどは、その名人がウキを通して伝えたい釣りが見えるようになるかどうかの方が、重要で尊い事です。

間違わないように心がけましょう!

磯からフカセ釣りをする場合は、針も数種類持っておく必要があります。エサ取りも格段に多いですし、針が重いか軽いかでアタリの出方が変わったりすることもあります。

特にトップからシャローを完全フカセで狙うような場合は、針の重みがモノを言ってきますから、細軸の物と太軸の物でグレ針なら6号から8号程度、チヌ針なら1号から4号程度で揃えて置けば大丈夫だと思います。(カラーは基本的にオキアミカラーがおすすめです)

他にもたくさん書くことがありますが、別項で一つ一つ詳細に解説することにします。

icon