磯際のチヌのフカセ釣り

磯際のチヌのフカセ釣り

チヌに限らず磯際は狙ってみたいポイントである事は、誰でも思う事ですよね。

エサ取りも非常に多い磯際ですが、チヌや中・大型のグレなどがやってくると、磯際のエサ取りも姿を消す事が多いです。こういうシチュエーションはシッカリと磯際を釣りたいものだと思います。

春先の磯際は・・・

磯際のチヌのフカセ釣り気温水温の高い時期でも、状況によっては磯際は狙えますが、やっぱりエサ取りが非常に少ない春先の釣りが狙いやすいと思います。

いみじくも春先のチヌのフカセ釣ではのっこみのチヌが狙えるわけですが、ノッコミはサイズの割には引きがあまり強くなく、大型が多いのが特徴です。自己記録を狙うには持って来いの時期なんですね。

ですから、引き出しの意味でも磯際の釣りの習得は、フカセチヌアングラーの必須と呼んでもイイでしょう。不得意な方も多いし、エサ取りとのバトルになる事もしばしばですから敬遠する人も多いですが、磯際には夢があります。そのつもりで頑張りましょう!(^_^)v

磯際のフカセ釣り・基本的な攻めは?

磯際は潮がもたれているようなとき、具体的には当て潮と呼ばれる手前に突いてくるような潮が狙い目の一つ、あるいは左右に流れる潮に乗せて、横の流れに仕掛けを預けながら、際をトレースするような釣りが理想的です。

磯チヌのフカセ釣りは、ポイント的にはなだらかな傾斜になっているような場所が多いので、際の釣りにあまりスポットは当りませんが、例えば和歌山でも南紀に行けばドン深でチヌを狙えるようなポイントもあります。そういう場所ではぜひ狙ってみたい釣りなんですね。

グレ狙いの場合、磯際の釣りのレンジは、ほとんどトップから狙うのがミソと思いますが、磯チヌの場合はあまり浅いレンジは意識せずにシャローからミドルレンジ、それに際のボトムですね、この辺りを狙いたいです。具体的には2ヒロから下を狙うような釣りが勝ると思います。(経験から・・・)

フカセ釣りのチヌのタナは非常に変わりやすいと言う特徴があります。2ヒロ半で食っていたかと思うと、あっさりと竿三本まで下がる事もザラです。こういうフカセ釣りに対応しやすい仕掛けが全層仕掛けやスルスル釣法と呼ばれる、ウキ止めを使用しないフカセ釣りです。

磯際は全層仕掛けが面白い・・・

全層釣法やスルスル釣法で磯際を狙う場合、キモは口ナマリです。打つ場所は各人の好みの問題も大ですが、針上5センチから10センチ程度でイイと思います。

号数は潮によって変化しますから、ウェブサイトで何号とは言い難いですが、まあ、G5からB程度、ボトムレンジを狙うなら、ウキの号数を00号とか、マイナス負荷のものをセットして、一本(3ヒロ半程度)程度馴染んだら、ウキごと沈めていくような釣りが勝ります。

際の釣りでも潮目の釣りでもそうですが、エサ取りのやや上のレンジを狙いたいのが、フカセ釣りの一般的な概念です。チヌ釣りだけにボトムを狙いたいですが、付けエサが残らないようなら、浅目を釣る方が勝る場合が多いです、このような場合は00号とかのウキは使用しないで0やG5程度のウキを使用するほうが良いようです。

状況によって、色々やってみてください、際で当ると、一発目の引きはかなりの手応えを感じます。大型のチヌならなおさらです。

場所によっては石鯛とかも当ってきますから、面白いですよ・・・

やや太目のハリスでのぞみましょうね♪

icon