沈み瀬の釣り

沈み瀬の釣り

フカセ釣りに限らずどのような釣りでも、釣りのポイントで沈み瀬ほど気になるポイントは無いでしょう。これは、あなたも心当たりがあると思います。

チヌのフカセ釣り・沈み瀬の釣り攻略法は?

沈み瀬を住処にしてます。チヌが来たら逃げます(爆)ナンてたって、魚からすれば・・・

  • 身を隠すことが出来る場所だし
  • エサとなる小動物はたくさんいそうだし
  • 水温の変化が比較的少ない場所だし
  • 地形の変化によって、潮が大なり小なり変化するため
  • 酸素やプランクトンも豊富であると考える事が出来る

他にもナンボでもあると思いますが、こういったところが、誰が考えても分かるところですね。

根魚などを釣る釣では、こういう沈み瀬や障害物をタイトに攻める必要があります。もちろんチヌだってタイトに攻めるに越した事は無いですが、沈み瀬をシッカリと攻めるということは、それだけ根がかりの可能性も上がるっていう事ですね。

チヌのフカセ釣では、もちろんマキエサを使います、しかもオキアミのマキエサです。

沈み瀬をタイトに攻めるのはもちろん結構ですが、障害物の近くでアタリを拾うと、それだけバラシの確率も上がるわけですから、マキエサを使って(ワークして)沈み瀬からチヌをおびき出すような攻め方が勝る場合が多いです。

理想的には、沈み瀬に向かって潮が突いているようなポイントで、沈み瀬に当った潮が潮目や鏡を作っているような潮の一歩手前でアタリを拾えたら、これが最高でしょか・・・

理想的な話を書いてますが、実際、アタリを拾えるパターンはこういうの、多いです(^_^)v

沈み瀬に当った潮が潮目を作るような場合で、最高なのは下に潜る潮。具体的にはシブシブ設定したウキが、潮目に入ると沈んでいくようなパターンですね。こういう潮に仕掛けが入ると、いっぺんに竿を引っ手繰るようなアタリが来る事が多いですが、本項は沈み瀬についてなので、これは潮目を題材にした別項で詳述します。

チヌのフカセ釣り・沈み瀬の具体的な特徴は?

沈み瀬が多く点在するようなポイントは、比較的水深が無く、足場も低いような磯が多いです。

グレや石鯛をこういう磯で相手にする場合は、仕掛けをワンランクもツーランクも強くして臨みたいところですが、ターゲットがチヌの場合は、そんなに神経質になる事は無いです。

場所によって牡蠣が多く付着しているような礁では極太仕掛けで臨まないと、頑張れない磯もあるようですが、基本的にチヌは障害物に突っ込んでいくような魚じゃないです。大型もフリーで走らせば、障害物は避けて走りますから、軟調の竿で距離をとってやり取りする方が取り込み率が上がる事が多いです。

沈み瀬中心のフカセ釣りは、取り込みの場所もあらかじめ考えておく必要があります。ドン深になっている場所があれば、その周辺にタモを用意しておく感じです。

また、マキエが溜まりすぎる場所が出来やすいのも沈み瀬狙い釣りの特徴です。こういう時は、マキエの量を減らしたり、少しポイントを休ませたり調整が必要です。

タナの設定は一言では言えませんが、アラカブ(ガシラ)が当ってくるようなら、狙っているタナが深すぎか、沈み瀬にタイト過ぎる感じです。仕掛けを軽くするか、軽く出来ないような状況ならば、ウキ止めを下げる(ウキ下を浅くする)必要があります。

icon