サラシの釣り

ポイントを攻める(サラシ)

一般的に磯釣りのフカセでチヌを狙う場合、サラシを攻めることはあまり無いと思いますが・・・、って言ってもこれは私だけかもしれないので、その辺は臨機応変に考えて下さいね。

チヌのフカセ釣り・サラシ攻略法は?

サラシ攻めの基本は、

  • 比較的水温が高い時期に狙う
  • 泡のカーテンが出来ると言う事なので、比較的魚を浮かせやすい
  • 表面の潮にウキを取られやすいので・・・
  • 少し重い目の仕掛けで狙うほうが勝る
  • シズは段シズを使用して
  • ウキも出来ればサラシの下に沈ませて探る感じで釣る

サラシを釣る

サラシ攻めは慣れてしまえばどうと言う事はないですが、慣れないと中々上手く行かないと思います。

具体的にはサラシにモロにマキエを入れたりして、広範囲からエサ取りを集魚してしまって、ポイントが台無しになってしまったりすることも良くある話なんですね。

基本的にサラシはサラシの脇から仕掛けを入れて、サラシの中に差し掛かるとウキ自体が水面下にサスペンドするよな仕掛け作りをすると上手くいきます。プカプカ浮いているウキでは、一発でサラシに持っていかれて、マキエとの同調がまず図れることは無いワケですね。

食ってくる縦のレンジも比較的サラシの中は浮きやすいです。それゆえに、極力軽い仕掛けが本来は理想ですが、普通に軽い仕掛けを作っていたのでは、サラシに仕掛けは上手く入らないです。

こういう場合は、マイナス負荷のウキを使うのも一つの手です。

チヌのフカセ釣り・サラシ攻略はマイナスウキで

マイナス負荷のウキの使用や、オモリを過負荷にして流すような釣りでは、ダラダラ流していては、根がかりがほぼ必然になります。狙いのレンジまで仕掛けを流し込んだら、上手く仕掛けを止めて、張らず緩めずで全体を操作する必要があります。

いい潮が入ったサラシでは、魚の食い気も旺盛になる事が多いです。一発で引っ手繰るようなアタリを楽しむことが出来ると思います。

しかしながら、どっちかと言うと、サラシの攻めはグレの釣りだと思います。

チヌ場でもサラシを攻めることがあるかもしれないですが、比較的湾内や半島周りに分があるチヌ釣りで、サラシの相手をまともにすると、エサ取り地獄が待っているって言うのは、常識判断して外れているとは思えないですね。

実際、私は、今思い返してきても、これまでに確かに磯のフカセ釣りで数え切れないくらいチヌは釣ってきましたが、サラシで食わせた経験がまったくといって良い程無いです。(殆どグレが食ってきます・・・)

ただし、サラシの脇でウキが潜っていって、それでアタリを拾ってチヌを食わせた経験は多々あります。しかし、これはどっちかと言うと、サラシを釣ったというよりは潮目で食わせたという感覚の方が適しているように思えるので、潮目のページで詳述するようにします。

フカセ釣りは少し波気がある時の方が、食いが立つと言うことが定説です。波気にサラシはつき物ですが波気の次はうねりが来るので、サラシが出来始めたら注意が必要です。

尚、サラシの攻め方についてはグレ釣り関連の情報サイトに詳しく詳述してあります。ご興味のある人はグレ釣り・メジナ釣りの基本と法則へどうぞ

icon