フグ、アカジャコ、ハゲのかわし方

フグをかわす

磯からのチヌのフカセ釣りで厄介なエサ取りの一つにフグが挙げられます。

水温の高低に関わらず、フカセ釣りをやっていれば、フグが猛攻を仕掛けてくることはしばしばですコイツが大挙してやってくると、針が何本合っても足りないですが、かわす方法はないでしょうか?

チヌのフカセ釣り・代表的なエサ取り「フグ」

こういうエサ取りも・・・(フグ画像・・・、さすがに無いです・・・汗)

まず、フグから察知できる水中の状況ですが、これが幅を利かせている間は、大型(良型)のチヌは卦が無いと見ていいでしょう。

チヌがそばまで来ると、サシエサが残りだす事があります。毎度毎度フグにエサを取られていたり針が無くなったりするのに、サシエサがそのままで上がってくるような時は、「何かある」と思う事がキモです。

基本的に潮の通りが良いようなポイントでは、フグは磯際がメインのうるさい場所になります。足元にフグ用のマキエを多めに入れて、フグの動きを制限して、沖目を狙うなどの対処法も効果的だと思います。

サシエサをオキアミから練りエサに変えてみるのも一つの手ですが、これもフグが余りに大量に発生している時にはあまり効果がなかったりもします。

場所換えも視野に入れて釣りを継続しないといけませんが、サンデーアングラーの人たちは、ままならない状況も多々あるでしょうし、やはり、フグの猛攻を避けながらの釣りを考える事が最優先だと思います。

チヌのフカセ釣り・代表的なエサ取りのかわし方

フグ、ハゲ、それにアカジャコなどは、大体同じようなかわし方で対処できますが、基本的には下記のように対応すると良いです。

  • 足元にエサ取り用のマキエをタップリとする
  • 仕掛けは出来るだけシズを打たない完全フカセに近い物を選択する
  • やや遠投してエサ取りの届いていないポイント攻める
  • それでもダメならポイントを休ませる

フグ、ハゲ、アカジャコなど、磯チヌのフカセ釣りの代表的なエサ取りは当たり前ですが、礁に付いているエサ取りです。

アカジャコなど特にそうですが、礁から遠く離れる事は、彼らにとって危険極まりない事を意味します。それゆえに、あまり遠くまではマキエサに釣られて出て行かない物です。

足元の5メートル以内はエサ取りの捕食場所として大量のマキエで釘付けにして、15メートルから30メートルくらいの沖目を狙うような釣りが理想的ですが、マキエの仕方を間違えないようにしましょう。

足元に4発、一呼吸おいて、さらに足元に2発、さらに一呼吸おいて仕掛けを投入して、間髪入れずに少量のマキエをウキにかぶし、仕掛けを張って馴染ませながら、足元のエサ取りに一発エサをくれてやるくらいのマキエワークが必要です。

かなり忙しくなりますがフグはこれくらいの事を最低限はやらないと、中々こちらの思い通りに動きを制限する事は出来ないと思います。

足元に撒くマキエは、必ず潮裏になるようなポイントに撒く事、これを足元のサラシなどにやって、拡散させてしまってはそのポイントは終わります。高水温の時期には、特に注意が必要です。

なお、針の色を変えてみるのも有力!
基本的に金、赤、シルバーはフグに弱いですがオキアミカラーは比較的フグに強いような気がしますが・・・

icon