コッパグレ(小メジナ)が湧いた

コッパグレが沸くと、中々チヌのレンジまでサシエが持たない物です。

コイツさえも上手く利用する方法は何か無い物でしょうか・・・?

チヌのフカセ釣り・コッパグレで練習する

コッパグレを釣って練習する・・・コッパグレを避けながらチヌを狙うのであれば、サシエをさなぎやコーンにすると、比較的かわせる筈ですが、ここは思い切って、このコッパグレを釣りまくって、フカセ釣りの練習するのも一つの手です。(^_^)v

基本的に、磯竿を使用したフカセ釣りはグレの釣りです。フカセ用のウキや道糸、ハリスや針、その他小物なども殆どがグレ対応の物なんですね。

磯の上物の釣り道具は、グレを釣って見ると、その良さが明確に分かります。

大きいグレを釣らないと分からない部分も多々ありますが、事グレに関しては、大物も小物も同じ釣り方で狙う物ですし、同じ釣り方で釣れます。

大きなグレだけ釣ろうと思っても、相手は大自然です、そんなにこちらの都合どおりに上手く行く物ではありません。コッパが釣れるタイミングなら、コッパを釣って、グレ釣りを練習しておけば、後々イイ事はたくさんあるんですね。

コッパ釣りで練習が必要無いような腕のある方なら、コッパを避けて釣りの臨みますが、あなたにこのくらいのスキルがあれば、本項は大いに肯かれていると思います。

「コッパの釣りはグレ釣りじゃない」なんて言い切っている人もたくさんいますが、こういう人に限って、アホほどコッパを釣った経験はあるはずです。

コッパに普段遭遇もしないのに、これを言っているような人は論外なので割愛しますが、コッパから学べる点で有力なのは・・・

コッパグレで練習して、学べる事

  • コッパグレと言えども仕掛けを間違えると食いがシブい(あるいはアタリが取れない)
  • 針が細軸と太軸では、食いに微妙に変化がある
  • ウキの号数を間違えると、アタリの数に大きな差が出る
  • 超浅ダナを狙う釣りになります。マキエとサシエの同調の具合がハッキリと分かるようになります。
  • 二段ウキの仕掛けがどのくらい有力か、自分の中で明確になります。
  • ハリスの太さによって出る変化、これが後に大型グレやチヌとの遭遇確立を上げる事になります。

他にも書ききれないくらいのことを気づくことが出来ますが、10枚や20枚程度釣ったくらいではダメです(このくらいは誰でも釣れます)、数百から数千単位で経験すればメチャクチャあなたにとって有力な物が芽生えると思いますよ・・・

防波堤やテトラの釣りでも同じようなタイミングがありますから、ぜひともやってみてください。

icon