ボラが出てきた

磯のフカセ釣りに限らず、防波堤でもチヌ狙いのフカセ釣りをやっている限り、ボラとは切っても切れない縁になります。厄介なエサ取りの一種ですが、ボラと付き合うのはおおよそ、どのようなチヌ釣りでも必須の対策課題です。

トップレンジでマキエは食い尽くす、しかも、オレンジや赤系のウキを使っていると、ウキを目掛けて体当たりをかましてくる・・・
ボラは誠に難儀なヤツなのです。

ボラが出てきて逃げ回っているようじゃ、チヌのフカセ釣りはできません。コイツも利用する方法を考えましょう!

チヌのフカセ釣り・ボラをバロメーターにする

ボラ・・・汗フカセで狙うチヌ釣りは、基本的にボラの下を釣るとチヌに対しての遭遇率は高まります。

ボラの活性は基本的にチヌの活性と同じなので、ボラが針掛かりするようだと、その地合いはチヌが釣れるチャンスでもあるわけですね♪

活性のあるレンジは基本的に同じ、しかし、ボラの少し下を釣る事がチヌを狙う場合の基本となります。

具体的には・・・

  • ウキ下を80センチから一ヒロ(1.5メートル)下げてみる
  • ハリスにガンダマを打っていなければ、ガンダマをハリスのど真ん中に打つ
  • 全層仕掛けの場合は、口ナマリを打つ
  • あまり数が多いようだと、マキエワークで手前に寄せて、沖目に仕掛けを馴染ませる
  • オレンジ、赤系のウキは体当たりをかましてくる事があるので、イエロー系を使用する
  • 狙っているレンジがボトム(底)だったら、仕掛けを思い切って這わせてみる

こういったことを複合的にやれば、ボラは比較的容易にかわす事が出来るし、チヌの地合いを知らせてくれるバロメーターにも早変わりさせる事も出来るワケですね♪

チヌのフカセ釣り・ボラの口コミ情報

基本的に完全フカセに近い仕掛けにボラは針掛かりしやすいです。

マキエとの同調を考えれば、仕掛けは極力完全フカセに近い状態が理想ですが、ボラがポイントについてしまっては、これが逆効果になる事があります。

遊動タイプの仕掛けで釣っている場合は、道糸とハリスの接合部分にガンダマを打つことが多いと思いますが、ここに打っているガンダマをハリスのど真ん中に打ち変えたり、全層仕掛けのような釣りをしている場合は、口ナマリを使用すると、ボラは比較的針掛かりしにくくなります。

これを、狙いのレンジ(タナ)を80センチから1.5メートル下げてやると、これまで結果が良かった事があります。ぜひ覚えておかれると良いと思います。

磯のボラは、河口のような汽水域に生息しているボラとは違って、結構な引きをしてくれます。食味も美味で、一説には鯛の刺身と偽って売る業者もいるとか言う話ですが、真偽の程はさて・・・?

icon