大阪 岸和田一文字 スリットケーソンのフカセチヌ釣り

岸和田一文字の中でも最もエキサイティングな釣りを楽しめるのが、このスリットケーソンです。スリットは沖の一文字の中央部分の沖向きがこれに当たります。

防波堤外側が波除に櫛状に切り抜かれているような構造をしています。誰が考えても、この中に魚はいると思うと思います、(実際にたくさんいます)

ここを詳細解説してみましょう。

岸和田一文字・スリットとは

フカセ釣りでチヌをゲットした海信・・・(^_^)v岸和田一文字のスリットは南から1番、2番、3番と4番(カーブ)に船が止まります。

おすすめは何番って言う事は無いですが、相対的に1番4番はエサ取りが多く、2番、3番は比較的釣りやすい釣り場であるといえます。(何故か人も少ないです)

写真は3番と2番の間で二匹目のチヌをゲットしたところです。人が少なくてもチヌがいないわけじゃありませんから、広くスペースを使える場所を選んで船から下りるようにして下さい。

スリットの釣りは、ポイントが大きく分けて2つ、すなわち際を釣るか、沖を釣るかです。

エサ取りはフグ、ハゲ(カワハギ)がメインで、夏場はたくさんいますが、全体的にそう厳しいワケではありません。また、岸和田一文字全体に言えることですが・・・

エサ取りのいるレンジがチヌのレンジになる!

これがミソです。(^_^)v

エサ取りがエサを取らなくなったら、本命は直ぐそばにいる事が多いです。マキエを切らさないように、上手く撒いていく必要があります。

岸和田一文字・スリットケーソン・基本ポイント図

岸和田一文字スリットケーソン、基本図ポイント図は基本的な場所取り、それに狙うべきポイントを赤丸でチェックしてます。

スリットは基本はベタ際の釣りですが、オキアミをマキエサに使うフカセ釣りでは、もう少し前に仕掛けを落ち着かせる感じでOKです。
これは、スリットケーソンは払い出しが結構ありますから、この払い出しに乗って、マキエが前に利きだすからです。

シラサエビをマキエに使用すると、あまり前には出ないですから、べたべたに仕掛けを入れていく釣りになります。
この場合、ケーソンの継ぎ目が比較的仕掛けが落ち着きますから、継ぎ目をメインに狙う釣りになります。

払い出しに乗せて、沖から潮が当たってくる合流点がフカセ釣りではもちろん狙い目ですが・・・

これが潮目になって、ベタ際から1mくらいの位置に帯状に広がっている時は時合いになる事が多いです。

満潮時には払い出しがきつくなりますが、その場合は、大きめのオモリを使用して、一気に底まで仕掛けを入れるのも有力です。また、あまり払い出しが厳しいようだと、沖目の竿2本から3本くらいの所にマキエが利き出す事があります。

状況によって、フカセ釣りは色々臨機応変な対応が求められます。まあ、これが面白い所以だとも言えますが・・・

水深はベタ際から竿下で5ヒロ程度、沖に竿3本くらい出すと、2本(10m)くらいあります。ベタ際のスリットの中もかなり怪しいですが、ここは落とし込みでやらないと、木っ端グレがうるさかったりもします。

基本タックルは・・・

岸和田一文字・スリットの釣り・基本タックルと口コミ情報

  • 磯竿はグレ竿の1号程度
  • リールは2500番で道糸は2号が使いやすいでしょう
  • ハリスは1.5号で充分です
  • 針はグレ針の6号から7号程度
  • ウキは3Bから4B程度ですが、ボトムを中心に狙う秋口から冬場の釣りでは0.8号から1号程度の棒ウキも有力です。

竿はグレ竿がおすすめですが、1.5号などあまり強い竿を使用すると、返って、スリットにチヌが飛び込みやすくなります。当たり前ですが、飛び込まれると、一発で仕掛けが切れます。軟調の竿で、沖で弱らせる感じがベストです。

岸和田一文字、沖のスリット岸和田一文字は西(沖)からの風が多いので、道糸は、2号が沖向きは使いやすいです。
スリットは特に風波が当たる場所なので、腰のある竿で細い道糸が便利です。
これが、チヌ竿では無く、グレ竿を選択する理由、道糸が2号ををおすすめする理由です。

ハリスはスリットに飛び込まれるのがイヤで2号以上を薦める情報誌もあるようですが、強い仕掛けはタメが強すぎるため、返ってスリット付近で危ないやり取りを余儀なくされます。

軟調の竿、ライトタックルでとにかく沖で勝負して弱らせるのがミソです、このため、ハリスもあまり強くしていない方が返って取り込み率が上がります。

とにかく、岸和田一文字の中で最もダイナミックな釣りが堪能できるのがスリットケーソンです。
釣期は秋から初冬にかけてが一番のおすすめです。

岸和田一文字の釣果情報等はここから見れます。

icon

関連リンク