大阪 岸和田一文字 沖の北のフカセチヌ釣り

大阪府の岸和田一文字は当サイト、爆釣!チヌのフカセ釣りチヌの管理人:海信のホームグランドでもあります。

岸和田一文字は大阪湾の中でも有数のチヌ釣りのメッカです。フカセ釣りはともかく、落とし込みによるチヌ釣りも盛んで、エビ撒き釣りによるチヌ釣り、ハネ釣りも盛んです。

この岸和田一文字は慣れると結構見やすいのですが、慣れないと少々腕の立つ名手クラスのアングラーが来ても、魚はソッポを向く事があります。(マジでエグいです・・・汗)

私は結構色々な所へ釣りに行きましたが、確かに岸和田一文字は少し風変わりな所があると感じています。と言うか、押えるべきポイントがあるのですが、それを外すと、まったくダメなんて事になるんですね。

と言うわけで、シリーズで岸和田一文字攻略法を掲載していきます。近くにお住まいの方はどうぞ参考にして下さい。

岸和田一文字とチヌ釣り

岸和田一文字を楽しむ海信です(^_^)最初に取り上げるのは沖の北(沖の一文字、北の先端付近)です。

ナンで最初に取り上げるかと言うと、ここが私の一番のお気に入りだからです。(^_^;)

岸和田一文字は手前から「中波止(なかばと)」、「地の一文字(岸和田一文字)」、「沖の一文字(岸和田沖の一文字)」の三ヶ所に分ける事が出来ます。

これ以外に最近は手前の地の一文字と沖の一文字の間の海域を埋め立てて出来たセル石やバラ石などのポイントもありますが、まずは中波止と地の一文字、沖の一文字の攻略を考えられるとイイと思います。(まあ、基本と言う事で・・・)

チヌは全海域に生息していますが、状況や季節によって、ポイント、狙い方、釣り方、仕掛けなどが色々変わってきます。そんな中でも、沖の北やスリットケーソンは、まあ、やれば年中チヌは出せると思います。

ここを詳細解説してみましょう。

岸和田一文字・沖の一文字(北)

沖の北ポイント図、赤丸のポイントでチヌが良く当たります。船付きから右に歩きます。距離は大したことが無いです。

沖の北は、先端部分がケーソンが置かれていない状況になっています。どん付まで歩くと、一段下がっているのが特徴です。

ここは大潮の満潮時で、西からの風(沖からの風)が吹くと、先端部分の低い場所は危険です。

その場合は、ケーソンからいくらでも釣れますから、込み合っていない場所を探して、沖向きを釣って見て下さい。沖向きは狙いは竿下かベタ際、レンジは1本半くらいがメインの狙いとなります。

それはさておき・・・

先端部分は、内向きがチヌのフカセ釣りのポイントです。沖向きも釣れない事は無いと思いますが、釣りやすい内向きでいくらでも釣れますから、無理することは無いです。

おすすめのポイントは階段の横から竿を出して、へこんでいる部分を狙うとかなり確立が高いです。

沖の北は南から北に潮が抜ける(この画像だと、下から上に潮が行く感じです)のが一般的です。先端のL字型の部分に潮がまともに当たりますから、この手前でアタリを拾える事が多いです。

また、最先端のポイントは、ナギの状態だと先端部分に陣取って釣りが出来ます。先端部分の底は石積みが崩れて荒くなっているので、色々な魚種があたります。

レンジ(チヌの捕食層)は、夏場は際の超浅めなんか面白いです。私は、ここの際1ヒロのところで年無しをゲットした事もあります。

秋から冬場はボトムレンジの釣りになりますが、この場合、少し仕掛けを前に出して、駆け上がりを狙うのが有力です。

ベタ際は底まで大体5ヒロ前後、イ貝の層は3ヒロ程度までです。竿下で5ヒロ前後、竿二本前で6ヒロ程度で底になります。

基本仕掛けは・・・

岸和田一文字・沖の北・基本仕掛け

  • 竿はフカセタイプのチヌ竿が良いでしょう、号数は0号から0.8号がベストです。
  • リールは2500番で、道糸は2.5号程度でOKです。
  • ハリスは基本的に1.5号がおすすめです。
  • 針はチヌ針の2号程度かグレ針の6号程度、
  • ウキは際のトップからシャローを狙うのであれば0号か00号ですが、ボトムレンジに狙いをフォーカスする場合は3Bから4Bが使いやすいです。(棒ウキなら0.8号から1号程度が良いでしょう)

道糸は太く感じられるかもしれないですが、防波堤の釣りではあまり道糸を細くする必要がありません。磯ほどの風波が厳しくは無いですから、2.5号でいくらでも捌けます。

ハリスはチヌだけ狙うなら1号で充分ですが、ここはスズキが外道であたってくる事があります。かなりの大型までありますから、やや太目の1.5号(かもしくは2号くらい)がおすすめです。

際のシャローの釣りが面白いです、それでアタリが無かったら、仕掛けを交換して、前に出す感じで釣ると良いとおもいます。

エサ取りはフグとハゲ(カワハギ)がメインですが、秋口にアジが湧くと釣りにならないです。アジをかわすなら、時間帯を真昼にすると、幾分かはかわせます。

先端部分はノリが付いている箇所がありますから、フエルトソールのブーツがあればOKでしょう。まあ、危ないので、ケーソンの上からで充分と思います。

岸和田一文字の釣果情報等はここから見れます。

icon

関連リンク