テトラポットのフカセ釣り

防波堤のフカセ釣りは足場がケーソンだけとは限らないですね。テトラポットも有力なチヌのフカセ釣りのポイントの一つとなります。

見るからに足場の悪そうなテトラですが、見ての通り足場は最悪です。(^_^;)

しかも、足元には沈みテトラなるものがひしめき合っているわけです、頑張ってチヌを一発掛けたにしても、ここにもぐりこまれては、少々強い仕掛けを付けていても切られてしまいますね。

このテトラの攻略法は無いもんでしょうか・・・?

テトラポットと水深の関係

テトラポットのフカセ釣り一般的にテトラから釣りが出来るポイントは水深の浅い所が殆どです。

考えても見て下さい、海底が急激に浅くなっているような所に、波は上がってくるわけですね。その上がってくる波を防ぐ役割をしているのがテトラポットと言うわけですで・・・

必然、テトラは水深の無いポイントが多いって事になります。

大阪湾のテトラポイントもたくさんありますが、おおよそ水深は3メートルから5メートル(5メートルあるところは稀だと思います)くらいの物です。

テトラポットのフカセ釣り・釣り具と仕掛け

固定仕掛けの軽いもので出来そうですが・・・

  • 基本的に、風が真正面から当るポイントが多い(だからテトラが置かれているわけです)
  • 川筋や水路などになっている所で、複雑な流れになっている場所が多い
  • あまり長いハリスを使用すると、取り込みで少々困った事になる
  • バッカン、タモ等の配置も制限されるので、普通に遊動仕掛けを作ったほうが何かと都合が良い

他にもあると思いますが、できるだけ段取りの良いスタイルで釣りにのぞむ方が賢明だと思うんですね。

テトラポットのフカセ釣り・口コミ情報

一般的に釣り雑誌等に良く書いてあることは、せっかく掛けた魚がテトラの穴に逃げ込まないように、少々ゴツイ仕掛けでトライアルする事・・・って言うのが定番ですが・・・

この通りやってしまうと、返って釣りを難しくしてしまいます。(釣り雑誌の記者様、ごめんなさい・・・)

竿を強くして、思いっきり立てに掛かると、必然、掛かった魚はこっちを向いてしまうわけですね。

テトラから釣っていて・・・
テトラの方を向いてしまうわけです。

基本的に、チヌは掛かったら、頭の向いている方向にしか走りません。(チヌ以外でもそうだと思いますが・・・・)

強い竿を使うことは、わざわざテトラの方へ頭を向ける事に等しいわけですね。

テトラからフカセ釣りでチヌを狙う場合、できるだけテトラから離した場所にマキエでポイント作って、掛かったらできるだけリールを巻かずに、掛けた位置で柔らかめの竿の弾力を使って浮かすようにすれば、取り込み率は格段に上がります。

そうなんですね、テトラだからといって、チヌ釣りに磯竿の1.5号なんかを使ってしまうと、返ってバラしやすいわけです。(針外れも多くなるし・・・)
こう言う釣りこそ、チヌ竿の0号クラスのムーチングタイプのロッドのほうが、何かと都合がいいんですね。

チヌは根魚ではありません、大型が掛かれば確かに走りますが、根に向かって走ると言うよりは、海溝伝いに走るといった感覚が正しいと思います。これは、防波堤から釣れる大物としては、スズキなんかも同じですね。

コツを整理すると・・・

  • 軟調の竿を使用する
  • 出来るだけ、簡単に作れる仕掛けでトライアルする
  • ポイントは出来るだけ遠めにマキエで作る
  • 正面や横からの風になる事が多いです、重い目のウキや、水中ウキなどの準備が必要です。
  • 掛けたら、リールを巻かずに
  • 竿の操作だけで、掛けた場所で浮かしに掛かる

こういう感じですね♪

尚、テトラの釣りでスパイクシューズを履くと、マジで危険です。フエルトソールがベストと思いますが、ゴム底も足場が濡れていなければOKだと思います。

テトラ用の竿受け等も市販品にありますが、慣れると返って邪魔になります。

icon