遊動仕掛けで駆け上がりを狙う

遊動仕掛けで駆け上がりを釣ってみましょう、イイ事がある場合が多いです。(^◇^)

防波堤や岸壁からのチヌのフカセ釣りは何と言ってもボトムを中心に狙う事が多いです。もちろん、全層タイプの仕掛けで体感ショックで釣るのも楽しいですが、一般的にはごく普通の遊動仕掛けで釣っておられるアングラーが多いのも事実です。

基本仕掛けと言う事で、少し解説を加えてみましょう。

波止のフカセ釣り・メインは遊動仕掛け

チヌの気配が・・・汗基本的に防波堤の釣りは磯釣りに比べて波やうねりの静かな場所を釣る事が多いです。このため、風裏を上手く陣取れば、あるいはベタナギの状態であれば、完全フカセに近いような仕掛けでも充分にボトムまで狙えたりするわけですね。

しかしながら、完全フカセに近いチヌのフカセ釣りは、少しワザを要するのも事実だと思います。防波堤の釣りオンリーで磯釣り(上物)をあまりしない方は、特に難しく感じられるとも思います。(磯釣りの場合は完全フカセに近い仕掛けを操作できないと釣りにならない場合が多いですから、イヤでも覚えてしまいます・・・)

大阪湾の防波堤では、時期にも寄りますが、エサ取りにそんなに悩まされる事はありません。多少ガンダマが大きい目に付いていても、ボトムまでサシエを届ける事が出来ます。(アジがいないときの話ですが・・・汗)

と言うわけで、ごく普通の遊動仕掛けがメインの基本仕掛けであると言っても過言ではないです。多くのアングラーが実績を持っている、基本仕掛けを解説しておきます。参考にして下さい。

波止のフカセ釣り・メインの基本仕掛図

防波堤からのフカセ釣りのチヌ釣り、基本仕掛け図ですこの図は初心者のチヌのフカセ釣り(円錐ウキと仕掛け)で解説した図と同じ物です。ナンのことは無いです。これが一般的な遊動仕掛けの基本図です。

初心者向けの仕掛け図と言ってますが、釣り歴30年のベテランアングラーでもこの図の仕掛けで釣っておられる方はたくさんおられます。まあ、釣れるからこの仕掛けで良いと言うか、この仕掛けが良いわけですね。

この仕掛け図ではガンダマの位置は道糸とハリスの結束部分になっていますが、流れがあれば段シズに分けて打つのが効果的だったりします。また少しテクニックを要しますが・・・

波止のフカセ釣り・遊動仕掛けの裏技?

駆け上がりのボトムを中心に狙われる時は、段に打つシズの位置に少し工夫を凝らすと上手くいった事が多いです。

大きいほうのガンダマの位置は道糸とハリスの結束部分に打ちますが、ハリスに打つ小さいガンダマは、大きいほうのガンダマの下80cm程度の所に打ちます。たらしの部分を1ヒロ半取る感じですね。

駆け上がりをシッカリと狙うガンダマの打ち方図のように駆け上がり部分でガンダマを石積みにスレスレに這わす感じです。ケースによってはハリスの真ん中にガンダマを打つ感じだと思いますが、大阪湾の防波堤の駆け上がり狙いではこういう感じのガンダマの使用で上手くいく事が多いです。

これをシッカリとやりきるには、ポイントの水深を知っておかなければ出来ませんが、通いなれたポイントならおおよその事は分かると思います。分からなければ、分かるようになるまで通うと、確実にチヌ一枚、腕は上がるとも言い切れます。

基礎になっている石積み部分は波止釣りの場合好ポイントになっている事が多く、どのような魚種もまずここを狙う事がキモになっていたりもします。チヌもまったく例外では無いんですね。

季節によってはイ貝の層を中心に狙うような釣りもありますが、そういう場合でも、駆け上がりを普通の誘導仕掛けで狙う釣りは有力です。ぜひ覚えて置かれるといいと思います。

icon