円錐ウキの防波堤のフカセ釣り

防波堤の釣りと言えども、磯釣りの上物のスタイルで釣るチヌのフカセ釣りは、面白さも趣もそりゃ格別な物があります。

磯の上物のスタイルでやるためには、ウキはなんと言っても円錐ウキを使用したいですね。

円錐ウキ

防波堤のフカセ釣りで使用する円錐ウキは・・・円錐ウキは元々は磯の上物、グレ釣り用に開発されたウキといっても過言ではないでしょう。

古くは徳島の阿波釣法に円錐ウキは由来するとかしないとかなんて言う話がありますが、ここまでメジャーになったわけですから、そんな古い話は置いといて良いでしょう。

円錐ウキの特徴は、その潮乗りの良さにあります。多少うねろうがサラシが出ようが、道糸やガンダマの使い分け等で、少々の釣り難い環境でも仕掛を安定させる事が出来るわけで、そのため荒磯のようなタフな状況下では円錐ウキを使用する釣りになります。

防波堤では、別に円錐ウキを無理して使う事は無いのですが、沖の防波堤の外側(外洋側)のような環境では、案外扱いが良かったりするのも確かです。

必要な号数等をチョット考えて見ましょう。

防波堤の円錐ウキ

基本的にチヌは、防波堤からのフカセ釣り狙う場合、圧倒的に多いのがボトム狙いです。このため、あまり残存浮力の無い物は、操作性において、多少使いにくくなります。

もちろん、夏場など、エサ取りが大量に発生する場合などは、大きなガンダマを使用した仕掛自体、エサ取りに弱い性質がありますから、軽い仕掛を使用する場合があります。こう言う時はB以下の号数も揃えておきたいところですが、まあ、大体良く使用される号数は3Bから4B程度の物が一番多いように思います。

この3Bとか4Bと言った号数は、結構曲者で、各メーカーや銘柄によって、残存浮力のあるなしに結構バラつきがあります。自分と自分のよく釣りに行くホームグランドにあわせたウキを揃えていく事が大事なんですね。

残存浮力が出来るだけ無いようなウキが最近増えてきていると思いますが、これも、実は良し悪しがあります。屁理屈を垂れるようですが、シズの打ち方を考えてみると、お解かりになると思うんですね。

シズの打ち方の基本は?

シズの打ち方で正解は誰も知らないです。釣り名人の大西満氏に寄れば、「シズの打ち方が解れば、釣り名人」だそうですが、拘ると、シズの打ち方はメチャクチャ難しい物があります。こりゃ確かなんですね。

基本的にシズ(ガンダマ)は・・・

  • 潮が流れている時は段シズで
  • 潮が流れていない場合は完全フカセ(シズを打たない)で

これが、基本中の基本になります。この基本中の基本から、その状況下に合わせてウキやガンダマ、あるいは道糸などを変化させて状況にピッタリの仕掛を作っていく事がキモになるわけです。

防波堤のフカセ釣りは、磯釣りのフカセ釣りほどエサ取りに悩まされる事は無いと思います。(場所に寄っちゃ、メチャクチャいる場合もあるかもしれないですが・・・汗)

それに、ボトム狙いが狙いの中心になる事を考えれば・・・

3Bから4B程度の物で、勝負ウキを1個2個作って置く

勝負ウキを作るためには、3つから4つくらい、同じ号数で銘柄を変えてそろえて、後はフィールドに通って、色々試しながら試行錯誤を繰り返すんですねぇ・・・(^_^)
(残存浮力の有無とか量とか、シッカリと調べておくわけです)

流れ出したらこれ、流れてない時はこれ、このポイントでボトムを攻めるときはこれ、際のイ貝の層を攻めるときはこれ、見たいな感じで数種類、自分にピッタリのウキが揃い始めたら・・・

大釣りも年無しも必然になります、ぜひ参考にして下さい。

icon