棒ウキのフカセ釣り

フカセ釣りって言ったら、誰もが連想するグレ釣りの仕掛け!
防波堤のフカセのチヌ釣りも、ズバリ!殆ど同じでいけます。

しかし、チョット違う点があるとしたら・・・

手軽に出来る、大阪湾のフカセチヌ釣り

防波堤のチヌのフカセ釣り仕掛け標準的な防波堤のチヌの仕掛けはチヌのフカセ釣り・やってみれば意外と簡単で書いたとおりですが、磯でグレを狙うような時と具体的に何か違いはあるのかって言うと・・・

あんまり気にする事は無いと思うんですね。(^_^)v

無責任なようですが、適当な物があれば、適当に釣れるのが大阪湾の防波堤のチヌのフカセ釣りなのです。

エサ取りも泣くほど多くないですし、潮流もガンガン行くようなことはありません。アングラーである以上、拘って釣りたいのは、気持ちはもちろん分かりますが、釣り道具を一所懸命考えているヒマがあったら、釣りに一回でも多く行ったほうが賢いです。(まあ、そんな事は誰でも分かっている事だとは思いますが・・・)

渡船店によっては、エサの準備もシッカリとやってくれて、バケツまで貸してくれるところもあります。チョット形(なり)は悪いですが、バケツにオキアミ入れて現場に持っていっても、足場がフラットですから充分にこなせるわけですし、帰宅してからも、バッカンを洗う手間を考えると、一手間省けるわけです。

私の場合は、小道具はすべてライフジャケットのポケットに収納します。竿はタモとマキエシャクをロッドベルトで一つにして、後はバッカン一つです。(夏場はこれにクーラーを持参します)

まあ、磯で言う所の、「てっちゃんスタイル」ですね(^_^)v)

大阪湾のフカセチヌ釣り・棒ウキを使用する場合は?

ただ、内向きの潮の変化があまりない所を丹念に釣るのであれば、棒ウキが勝ったりしますから、これは別に準備が必要です。チヌフカセの棒ウキは、有名な所では遠矢ウキなどがありますが、市販の安い物でも充分に釣りはこなせます。

棒ウキを一つ二つ拘って手を加えるなら・・・(これは面白いですよ・・・)

  • トップを外向き用は3ミリ以下にして、内向き用は4ミリにする
  • 昼からの釣行で西を向いて釣る場合は逆光になるので、逆光対応のトップに付け替えておく(朝マズメに東向きを釣る場合も同じです)
  • ウキのボトム部分に糸オモリを巻いて、浮力調整をあらかじめやっておく
  • 同負荷で長さの違う物を二三種類用意しておく

まあ、強いて言えばこんな感じです。

棒ウキで釣る、大阪湾のフカセチヌ釣り・口コミ情報

トップの太さが外向き用が3ミリ以下に対して内向き用が4ミリと言うのは、防波堤の外向きは内向きに比べて波やうねりが若干高い事を考えると、太目のトップはその影響を受けやすいので、それを避ける意味です。外向きの釣りは細い目のトップのほうが何かと都合はいいです。逆に内向きの釣りは、ベタナギならば池状態の海を釣るような場合が多いです。こういうポイントなら、あえて見づらいトップにする事はありません、実際に4ミリの逆光用のトップは非常に見やすいです。

ウキのボトム部分は糸オモリを巻いて、ウキを安定させた方が何かと都合はいいです。フカセ釣りのみに使うのであれば、自立タイプにするくらい糸オモリを巻きつけた方がイイと思います。

糸オモリを巻きつけて、エポキシ系のボンドで固めて、1000番程度のペーパーで磨いて、磨いた上に漆を3回程度塗ります。半自作タイプのウキですが、こういうウキで釣った一発はナンとも言えない満足感がありますから、ぜひやってみてください。

漆の塗り方等は、ここでは解説しませんが、職人が塗ったようにきれいに塗ろうと思っても、かなり難しいですから、適当で充分です。塗りがきれいな方がたくさん釣れるなら研究もしますが、また違った釣りの楽しみ方になると思います。それはそれで得意な人のサイトがありますから、そちらで調べてください。

尚、フカセ釣りで使うウキの場合は、自立タイプにボトムのオモリを調整しますが、大阪湾のエビ撒き釣りでは、同じようなウキを使うに当っても、自立タイプにしないウキ作りが勝ります。

これは、別サイトで解説してます。

大阪湾の防波堤・最強のウキ釣り、エビ撒き釣りのハネ釣り

icon