イ貝の層を狙う

夏場などに特に多いですが、防波堤では落とし込みのチヌが最盛期を迎えます。このチヌは岩ガニやイ貝で釣る事が一般的ですが、実はフカセ釣りでトライアルして、オキアミも食うんですね。

ウキ下矢引き(約80センチ)から1ヒロ半までのフカセのチヌ釣り・・・
エサ取りとのバトルは必至ですから、少し度胸はいりますが・・・(^_^)

大阪湾の防波堤・イ貝の付き方は?

波止際にタイトに二段ウキで釣る大阪湾の防波堤は際にはイ貝がたくさん付いてます。このイ貝は、トップからボトムまでびっしりと付いているか言うと、水深によって違うようです。

基本的にイ貝は一本程度深さ(約5m)までしか付いていないと言われています。(潜ったわけじゃないから、ハッキリとは断言できません。ハマったこともないし・・・)

テトラのポイントなどで水深があまり無い場合は底までイ貝は付いているようですが、沖の一文字など水深がタップリあるポイントではトップからシャロー(中層)での釣りがメインになります。まあ、落とし込みと一緒ですね。

実際、アタリが頻繁に出るのは、時間的な要素も多分に含みますが、大体2ヒロ前後のレンジだと思います。朝夕のマズメは、レンジは殆どトップに設定も可能で、日中はシャローからボトムまで狙えますが、これがオキアミを撒くとチヌが浮くわけですね。

チヌの卦が無い時は、エサ取りとの壮絶なバトルになりますが、チヌがそばにいるときは、エサ取りが消えてサシエが残るので、やり方さえ分かっていれば、こんな簡単な釣りは無い!、断言できるわけです。

大阪湾の防波堤・イ貝の層でフカセ釣り

トップのイ貝の層を狙う際のイ貝の層にチヌを浮かせて釣る、あるいは捕食に回ってきたチヌをゲットするには、矢引きから2ヒロ程度のレンジで食わす事になりますが、普通に固定ウキの仕掛けでやったのでは、中々上手くいかないです。

エサ取りがまったくいなければ、ハリスを80cm程度にして、1号程度の棒ウキを使用して、普通にウキ釣りをしてもらってOKですが、さすがにこれは食いもシブければ少ないエサ取りにも発見されやすく、帰って遠回りになると思います。

効果的な仕掛けのセッティング、これは、ズバリ二段ウキを使用した仕掛けですね。

  • ハリスウキから下を約2ヒロ程度取り
  • 口ナマリ(G5程度)を打ちます
  • サシエをイ貝に思いっきりタイトに落とし込んで
  • 食わないようなら、ボトムまで落とし込みます

タナが深いようなら、親ウキを00号にして、仕掛けが馴染むとウキが沈んでいくように設定すると、マルチレンジで攻めが可能になります。

粘って釣った一発

基本的に障害物が殆ど無い、防波堤の釣りでは、イ貝の層は有力なポイントになっている事は、誰が考えても分かることです。しかし、その分エサ取りも多い。実際トータルで見て、防波堤で一番エサ取りが多いのは際の2ヒロくらいのところだと思います。

オモリが重めに付いている仕掛けは、サシエの落下速度も早く、これはエサ取りに発見されやすいです。まあ、チヌの食いが立っていれば、目立つサシエの方が良かったりすることもありますから、ケースバイケースと言えばそれまでですが、できるだけ自然な形でサシエを落とし込んでいくには、やはり二段ウキ仕掛けが勝ります。

もちろん私は、この理論どおりにやって、好釣果を得たこともあります♪
ぜひ参考にして下さいね♪

icon