朝マズメは波止際、夕マズメは駆け上がり

基本的に防波堤のフカセ釣りは日中の方が結果が出やすいことが多いですが、これは、エサ取りとの関連やチヌの基本的な行動パターンによって早朝は避けたほうが結果が良いことが多くあります。

午後から動く、フカセ釣りのチヌ

朝マズメは波止際で・・・落とし込みでも、大体普通以上に結果を出す人は、午後からの釣行をメインにしている人が大半なんですね。

チヌは午後から動く!

必ずしも当ってはいませんが、経験則から午後からの方に分があるとは言えると思います。

どうしても朝からフカセ釣りをやろうという人は、基本的な狙い方としては下記のようにされるとイイと思います。

  • 早朝(暗いうち)は波止際スレスレに・・・
  • 狙うレンジは2ヒロから1本(3ヒロ半)くらいを中心に・・・
  • 時間の経過と共に仕掛けの投点を前に出して・・・
  • 日がこってり昇ったら、駆け上がりの底を中心に狙うようにする

もちろん、その時々の状況で狙い方としてはケースバイケースですが、基本的にはこういった狙い方で結果が吉と出ることが多いです。

大阪湾の防波堤は、ほぼ100%イ貝が付いています。大体イ貝の層は水面から竿一本程度(3ヒロ半)くらいがメインといわれていますが、この層にエサを取りに来るのがチヌの行動パターンの一つです。夏場など、水温の高い時期は波止際の浅い所に、大型のチヌを視界に捉えることも出来ます。

イ貝の層を回遊するチヌは、早朝にと夕マズメにかなり浅いレンジで食ってきます。早朝は特にマキエの何も入っていない時間帯ですから、狙ってみると、夢のある一発が来ることも多々あるんですね。

しかし、夕マズメはこれが必ずしも当っているとは言えません。

潮下のボトムを狙ってみる

潮の加減では、チヌは浮きやすいのが夕マズメの時間帯ですが、これがマキエをするフカセ釣りとなると・・・
潮下のマキエサの溜まっている所で捕食に精を出しているチヌのほうが多いと言う事が良くあります。

具体的には潮下のボトムでアタリを拾えることが多いわけですね。

これに対して、マキエが溜まっているはずの潮下のボトムがまったくダメな時もあります。(これはナンでかは理解に苦しみますが・・・)
こういうときは、案外足元の波止際のシャローにチヌが付いていたりしますから・・・

  • マキエの溜まっている所で粘るか?
  • ベタ際を流れに合わせてサシエをトレースさせるか?

これが究極の選択となるわけですね。

尚、夕マズメで、もう日が沈む瞬間のような、辺りが暗くなり始めた時間帯は、波止際の方が確率的には高くなります。時間的には30分程度しかないですが、こういう場合当ってくるのは1ヒロ半位までで当ってきますから、ハリスウキを使った仕掛けが勝る場合が多いです。

icon