波止際から攻める

防波堤に上がったら、まずは攻めてみたいのが波止際・・・
基本的に、磯釣りでも波止釣りでもそうですが、イッちゃん最初は際から攻める。これは基本中の基本ですね。

防波堤のフカセ釣りのチヌは波止際から

防波堤は波止際に大物が・・・低水温の時期でも、高水温の時期でも、釣り始めの一番最初は波止際を狙うほうがいいです。出来れば最低でも、3、4投は試してみて欲しいと思います。

オキアミをマキエサにすると、時間の経過と共に波止際はエサ取りが増えてきますが、釣り始めて間もない時間帯はエサ取りのいない(少ない)時間帯でもあります。

落とし込みで食ってくるようなチヌが、一発で当ってきたりする事が結構な確立でありますから、波止際を攻めるときはワクワクしながら攻めましょう♪(^◇^)

防波堤のフカセ釣りのチヌ・波止際狙いのコツは?

最初に波止際を攻めるときのコツは・・・

  • あまり深くレンジを設定しない事(タナを深く取り過ぎない)
  • 具体的には2ヒロ前後から1本までで狙う
  • 基本はイ貝の層を狙う
  • マズメはトップからシャローで狙う
  • 日中なら、底まで少し時間をかけて落とし込む(水深が10メートル未満の場合)※
  • サシエを際から30センチ以上離さないように落とし込む

※基本的に水深が10メートル以上ある防波堤(関西では神戸港に多いです)は、あまり深いところよりも、際のイ貝の層を重点的に攻めたほうが結果が吉と出ることが多いようです。(具体的には1ヒロ半から1本(3ヒロ半)程度)

エサ取りが多い時期は、マキエの仕方の上手下手は関係無しに波止際はエサ取りだらけになる事が多いです。

大阪湾の波止際で顕著なエサ取りはフグとハゲ(カワハギ)で、これらのエサ取りはチヌが近くにいるとてき面活動が鈍くなります。バロメーターとしての役割を果たしてくれますから、こういうエサ取りが多いからといってマキエをしなくなるのは、波止チヌのフカセ釣りが成立しなくなることも意味します。

怖がってマキエをしなくなるのは、NGですね。

これ以外にガシラやメバル、アブラメの新子、セイゴ(スズキの幼魚)なども当ってくる時もありますが、こういったエサ取りは基本的に動くエサに対して反応する魚種で、こういったものが積極的にオキアミにアタックしてくる時は、裏を返せばそれだけ潮が良いと言うことになります。

アタリもなしにサシエサが無くなる時は、辛抱がつらいですが、こういったエサ取りが針掛かりしだした時は良い潮が入ってきた証拠で、チャンスが近いことを意味しますから、心の準備をしてチヌのアタリを待ちましょう!

少し慣れると、波止のフカセ釣りは、エサ取りや他の状況から“前触れ”を見つけることが出来ます。

ぜひ参考にして下さい。

icon