防波堤のポイント選びの基本

防波堤は形状的には、一般的にポイントの変化の乏しい構造をしているように見えます。

シッカリ通って頑張って釣りを続ける事によって、色々見えてくるのですが、これはまあ、各自でやっていただくとして、ここでは一般的な防波堤の構造と狙い方、それに注意するべき所などをピックアップしたいと思います。

一般的な防波堤のポイント選び

防波堤の釣り、ポイント設定防波堤は基本的に海底に敷石をひいて基礎を造り、その上にケーソンをのせて波除にしているものが殆どです。

当たり前ですが、釣り用に造られた防波堤は、遊漁施設などを除いて、ゼロと言っても過言ではなく、海洋関係の仕事、あるいは漁業関連などの仕事に用いられる場合が殆どです。

こういった関係者とのトラブルは言語道断です。アングラーとしての節度とマナーを守った釣行をするように心がけてください。

それはさておき・・・

一般的な防波堤の釣り関連の書籍等には、良くこういう記述を見かけますが・・・

  • 堤防に変化のある場所を釣る事
  • 曲がった場所は潮が溜まりやすい
  • 結果、マキエをするような釣りは有力である

確かに論理的に考えれば一理あるとは思います。

がしかし、「ちょっとアマイ!」(^_^)v

防波堤に通いこめば、これが必ずしも当っていない事に気づいている人もたくさんいると思うんですね。

防波堤のフカセ釣りのポイント選び・コツは?

基本的に防波堤は潮が斜めから当ってくるような釣り場が多いです。

沖からモロに当ってくるような場合もありますが、それがカーブや直角に曲がっているような場所だと・・・
フカセ釣りで釣る範囲を想定した場合、二枚潮や三枚潮になりやすい構造をしています。

また、先端付近なども勢いをつけて潮が抜けたりしますから、これもかなり釣りにくくなる場合が多いです。

投げ釣りやサビキ釣などは、先端やカーブ周辺が好ポイントになる場合が多いですが、これが事オキアミをマキエサに使った釣りをするとなると、あまりカーブや先端に近づかないで、そういった変化のある場所から少し距離を置いてポイントを陣取る事の方が、シッカリと釣れる物で、釣りやすいです。

特に、先端付近は、潮が抜けてしまうと、マキエも溜まらずに抜けてしまう事がありますが、こうなると違う場所にマキエを利かせているようなものですから、あまり好釣果は見込みにくくなります。

防波堤のポイントで狙うのは、基本的に・・・

  • 敷石の先端部分(かけ上がりになっている事が多いです)
  • 際(イガイの層(1.5ヒロから1本程度)と底部分をメインに・・・)
  • 少し遠投したところの、“ミオ筋”と呼ばれる、船の通り道(海底がえぐれて、すり鉢状になっている場合があります)

こういったところがメインで、堤防に当って跳ね返った潮が、次に入ってくる潮とぶつかってできる“潮目”、これを上記に加味してポイント設定をすると上手くいきます。(潮目はかけ上がりの上で、帯状に広がっている事が多いです)

パターン化して解説することは難しいですが、基本的にはこうです。後は、実際にフィールドで確かめてみましょう!

icon