ボラが湧いた

大阪湾の防波堤でフカセ釣りをしていると、年間を通してかなりの高確率でお目にかかるのがボラ・・・

コイツの対処方法、利用の仕方、逃げ方を知っておくと、チヌとの遭遇率は高まります。

チヌのフカセ釣りの邪魔者?、石を投げてもあたるボラ

こういう水色の時は、ボラが・・・汗一般的にボラは汽水域に主に生息している魚です。

大阪湾は、武庫川、淀川、神崎川、安治川、大和川等の大きな河川、それに木津川、大津川等の中小の河川が集中して入っている湾で、必然ボラが大量に生息している湾でもあります。

一旦湧き出すと、石を投げると当るくらい湧きます。(やっちゃダメですが・・・)

もちろん、ボラはマキエサのオキアミも集魚剤も大好きで、一旦マキエに付きだすと、簡単には離れてくれないのは当たり前ですね。

基本的には当サイトの「磯釣りで狙うフカセ釣りのチヌ」の「エサ取り(磯)」の中で記した「ボラが出てきた」で書いた事を防波堤でも実践するのがメインですが、防波堤の場合は、レンジ設定(チヌにサシエを捕食させるタナの設定)をボトムにすればボラは回避しやすいです。

チヌのフカセ釣り・ボラ対策

仕掛けは全層仕掛けやスルスル仕掛けのような軽い仕掛けは、ボラに対してほとんど効果は無く、3B以上の浮力を持ったウキで、一気にボトムまで仕掛けを落とすと比較的ボラは容易に回避できます。

水深の無いポイントは特にボラは沸きやすいですから、沖の一文字等、水深のタップリあるポイントに行くのも有力です。

逆に言うと、川尻やテトラへの釣行は、ボラ対策を頭に入れておかないと、フラフラにされる事もよくある話ですから、気づいている点を書いておきます、参考にしてくださいね。

  • ウキのトップはイエロー系を使用する(ボラは赤、オレンジに異常に興味を示します)
  • 仕掛けを這わせるのも有力(サスペンドしているサシエはボラに狙われやすいです)
  • 仕掛けを這わせれない時は、口ナマリを使用する(落下速度が速いサシエは無視されやすいです)
  • 掛かったしまったら、レンジを80センチから1ヒロ下げる(ボラの下を狙うのはチヌ釣りのキモです)

フカセ釣りがウキ釣りと違う点は、ウキ釣りが縦の感覚をメインに考えるのに対して、フカセ釣りは横の感覚を縦の感覚に加味していく事にその奥義があると言えると思います。

簡単に言うと、ウキ釣りは仕掛けがまっすぐに立っていてOKですが、フカセ釣りは、斜めに仕掛けが入っていないと成立しない釣りなんですね。

ボラはウキ釣り(仕掛けが立っている釣り)には極端に反応が鈍くなります。逆にフカセ釣り(仕掛けが斜めに入っている釣り)には好反応を示す傾向があります。もちろん、飛ばしウキのサビキ釣りのような、仕掛けがまっすぐに立っている釣りでも釣れますから100%では無いですが、普通に遊動仕掛けを作って、重めのオモリを使用してやれば、この方が波止ボラは回避しやすいんですね。(具体的には1号前後のウキでもOKです)

磯釣り(上物)をメインでやっているアングラーが波止にチヌを狙いに来て、ボラでハマることが良くあります。磯の感覚のみで、波止釣りをやってしまうと、流れやうねりが殆ど無いポイントでの釣りですから、極力軽い仕掛けを使用したくなるのですが、これが逆にボラを呼び込みやすくしていたりするんですね。

ウキ釣りとフカセ釣りが違うように、波止釣りと磯釣りもまったく違います。道具が同じだから混同しやすいですが、フィールドにあわせた釣りをすると、よい釣果に恵まれやすくなります。

icon