波止フカセで一番厄介なエサ取り

波止フカセで一番厄介なエサ取りと言えば、ズバリ・・・

アジ!(^_^;)

自慢じゃないですが、これの回避の仕方だけは、何年チヌ釣りやっても解らないです・・・(ってか、無いと思います・・・滝汗)

チヌのフカセ釣り・画期的なアジ対策

ただ、一つ言えるのは・・・

アジは食すと、ハッキリ言って、チヌよりも美味い!
中途半端に湧いている時は、少し我慢すればナンとかなりますが、どうにもこうにもアジだらけで、場所変えもままならない時は、いっそのことアジを釣ってしまえば、帰宅後の食卓は素晴らしい物になります。(南蛮漬けとか最高です・・・)

ウザイですが、たくさん釣れると帰宅後のイッパイは最高です

ちなみに、アジはサビキで釣るのが効率がイイ事は、ある程度釣りをされている方は良くご存知だと思います。

磯竿でサビキをすると、竿が柔らかい上に穂先もソリッドなので食い込みも良く、針外れとかも少ないんですね、結果たくさん釣れます♪
エサ取りで頭が痛いのは確かですが、プラス思考で考えれば、考えようもあるもんです。(^◇^)

アジ釣りの詳しい解説は大阪湾の防波堤 サビキ釣りマニアで詳述していますので、そちらを参照して頂くとして・・・
本項ではチヌ釣りに行って、アジが湧きまくってしまったので、仕方が無いのでアジを釣るって言うところに照準を絞って解説をします。

アジのサビキ釣り

当たり前ですが、サビキを用意しておく必要があります。フカセ仕掛けでも釣れますが、極端に効率が悪いです。市販のアジ用のサビキなら、ナンでもOKですが、ただ・・・

カゴは特に必要ないと思います。

フカセ釣りがメインの釣行ですから、アジ対策と言っても、用意できる物はサビキくらいで、カゴやアミエビ、もちろんアミバケツなんていう所も用意は出来ないと思います。

サビキの下につける錘は5号程度ナス型の錘で十分です。(チャンと理由もあります)

一般的なアジのサビキ釣りは、ボトムで食わさないと、泳層が上のイワシや小サバが先に針掛かりしてしまって、上手くいかないことが多いのですが、これはサビキ仕掛けでエサがアミエビだから、こういう困った事になりやすいんですね。

チヌのフカセ釣りに行っている以上、マキエサはオキアミであるはずです。しかも集魚剤を混ぜ込んだマキエを作っている場合が大半ですね。こういうマキエサは、魚は浮きやすいと言う特徴があって、これが、アジがターゲットになると、メチャクチャ顕著に実感できるはずです。

そうなんです、ボトムを釣る必要が無いわけですね。(だからカゴは要らんのです)

アジのサビキ釣り・釣り方は?

釣り方としては・・・

  • 先にマキエをして・・・
  • アジが群がりだしたら、仕掛けを投入する
  • 高確率で、落ち込みで食ってくるはずです。
  • 食ってくるレンジはトップからシャローです、大体1本程度(3.5ヒロ)までしか狙う必要はありません。
  • 後は、どれだけ手返しよくできるか、これだけです。

アジを浮かせて釣る事で、一本までしか狙わないって事は、極端に言うとリールの操作も要らんわけです。必然手返しはよくなります。

大阪湾では、防波堤からのフカセ釣りでアジが邪魔をして仕方が無いのは真夏から晩秋にかけてです。気温高い時期ですから、必然クーラーは持参されていると思います。

チヌが入らないのは悔しいですが、アジが湧きまくっていれば、アジをたくさん入れればイイだけ・・・

もちろんアジがいなくなれば、大型のチヌがそばに寄ってきている可能性が大ですから、素早く仕掛けを交換してフカセ釣りをすればイイだけの事ですね。

尚、前もって用意するのはサビキだけくらいにして置かないとハマります。と言うのは、別にサビキ対応の竿やリール、アミエビまで用意していると、心理的に狙いがどっちつかずになってしまって、メインのフカセ釣りに対する集中力を極端に下げることにもなりかねません。(これは一番イケないと思います)

仕方が無いから、アジを釣る・・・

これが波止フカセのアジ対応の基本である事を、強調しておきます。

icon