装備は必要不可欠なものが殆ど!

フカセ釣りはメインターゲットがチヌでも、揃える道具はグレ釣りのもので揃える場合が多いです。竿は選んだ、リールは買った、ウキも買ったし小物も大体揃った、後は釣りに行くばかりですが・・・(イイねぇ・・・♪)

もうチョット突っ込んだ装備も必要な物があります。

波止釣りの必需品・ライフジャケット

ダイワのライフジャケットなんてメチャ良いです。。。ハイ最近は、これ持ってないと釣りにならないって言う、必要な装備があるんですが・・・

ズバリ、ライフジャケットですね!

これを着用して無いと、渡船店によっては乗船を断られるケースもあります。(1990年代はへっちゃらで乗せてくれる所が大半でしたが・・・)

しかし、船に乗せてくれないからといって膨れないで下さいね、ライフジャケットの着用は、アングラーとして当たり前の事ですから。

チヌのフカセ釣りは夏場もやれます、夏場にライフジャケットを着用していると、メチャクチャ暑いです。でも、ライフジャケットは着用をしていないとダメです!
(夏用を着ていても暑い物は暑いです、ハイ・・・^_^;)

渡船店によってはライフジャケットの貸し出しもやっている所がありますが、ライフジャケットは古くなるとその機能を充分に果たしてくれない物が多いです。着ているのに沈んだらマジでシャレにならないです・・・汗
こればっかりは、自分で良い物を求めるようにして下さい。
(ライフジャケットは、人をアテにしたらダメです)

最近では水を感知してから膨らむような優れものもあります、動きを重視する人はこんなタイプはいいかもしれないです。とにかく釣り具は適当な物でもナンとでもなりますが、ライフジャケットだけはお金をシッカリとかけて、良い物を求めるようにしてください。

説教みたいな記事はこんなもんにして・・・(^_^;)

波止釣りの必需品・フィッシングブーツ

残る装備は足元をシッカリと固めるなら、専用のフィッシングブーツとかがあれば重宝します。

冬場はブーツ、夏場はシューズって感じですが・・・防波堤の釣りの場合は、ラジアルタイプのソールがすべににくくてイイと思います。スパイクは一見シッカリとグリップが利きそうですが、防波堤の釣りの場合は逆に滑りやすいです。

スパイクソールを履いておいた方が良い様なポイント(チョット藻がついているようなポイント)へいく場合は、スパイクはピンソールになっているような物でフエルトソールと一体になっている物がイイと思います。(これなら船の上でも滑らないです)

特にテトラポットへ釣行する場合は、足元が非常に危険です。テトラのポイントはチヌの名所になっている場所も多いですから、テトラへの釣行を考えているなら、ブーツよりもシューズのほうが何かと安全かもしれないです。

お年を召した方でこれから釣りを頑張ってみようって言う方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

波止釣りの必需品・クーラーボックス

クーラーにお金かけると、釣れた後がグーです。(^◇^)また、ロッドケースやクールバッグですが、ロッドケースは磯用の物が使いやすいと思いますが、防波堤に釣行する場合クールバッグは普通のフィッシングクーラーが使いやすかったりします。

座れるのと何より、磯のような厳しい場所に置いたりする事は無いですから、普通のクーラーの方が重宝します。

防波堤を中心に釣行をされる場合は、クーラーボックスには竿受けをつけておくと大事な竿を直置きから守れますから、これもおすすめです。費用的には2、3千円もあれば改造できますから、釣具店で探してみてください。

クーラーはバッカンが収納できる大きさの物があると良いですね。
(このくらいの大きさのほうが何かと便利だと思います。チョット重いですが・・・)

こういった装備には何かとお金が掛かるものが多いですが、一旦購入してしてしまうと、耐久力があるものが多いですから、少し奮発していても、釣りを続けるなら損は無い物ばかりです。

奥さんに怒られない程度に買い揃えるようにして下さい。(^_^)

icon