初心者のチヌのフカセ釣り(円錐ウキと仕掛け)

フカセ釣り初心者の人は、棒ウキを使用してフカセ釣りにトライアルするほうが、操作性やタナ取りなど、都合のイイ事が多いです。しかしながら、フカセ釣りと言うからには、当然円錐ウキを使用して、磯のグレ釣りみたいに釣ってみたいと思われる方も多いと思います。

棒ウキに比べ、円錐ウキを使用して釣りをする場合、全体的に仕掛けは軽めの仕掛けになってきます。(まあ、円錐ウキでも1号とか2号とか使えば重い仕掛けの釣りにもなりますが・・・)

どういう感じの仕掛けが初心者には扱いやすいでしょうか?

実践的なフカセチヌ釣りの基本仕掛け

波止チヌ画像、もちろんフカセ釣りでゲットです(^◇^)防波堤のチヌのフカセ釣りは、基本的にはボトム(海底)を狙う釣りが圧倒的に多いです。それゆえに、ベテランアングラーでも使用するウキの号数は3Bから4B程度の物を使用している人が多いです。

当サイトは、色々な観点からフカセ釣のチヌ釣りを考えていってますし、磯釣りでのフカセ釣りのチヌ釣りの考察も多分に含んでいますから、軽めの仕掛けの話が多いのです。しかながら、現実的には執筆している私自身も、トータルで考えると、これから紹介する初心者向けの円錐ウキを使用した仕掛け図の仕掛けを使っている事が良くあります。

ナンと言っても、シッカリとガンダマを打てば、シッカリとボトムにサシエを届かせやすいです。そういう意味では、実践的な基本仕掛けと呼んでもイイと思います。

フカセチヌ釣りの基本仕掛け図

円錐ウキを使用した基本仕掛け図

大阪湾のフカセチヌ釣り・基本的な攻めは?

ボトム狙いの場合、水深にもよりますが、大阪湾のような流れの緩やかなポイントを中心に考えても、3Bから4B程度のガンダマを使用するほうが仕掛けはボトムに届かせやすいです。

注意する点としては・・・

  • ガンダマはハリスと道糸の接合部分に打つのが基本ですが・・・
  • 潮が流れている時は段シズに分けて打つ
  • 潮が流れていない時はウキの浮力を殺す分だけを、ハリスと道糸の接合部分に打つ(ハリスには打たない)

こんな感じが基本になります。

超シンプルですが、水中ウキを使用する場合は、接合部分にサルカンを使用するなどして、ハリス部分に落ちてこないようにすればOKです。また、カラマン棒の部分にクッション水中や潮受けストッパーのような、潮を捕らえやすい小物を使用するのも大いに有力です。

この仕掛けは、通常の棒ウキを使用した仕掛けのように重くはありませんから、道糸をある程度操作してやる必要があります。いわゆるラインメンディングという物ですが、出来るだけ、穂先からウキまでが、まっすぐになるように道糸を海面に置いていくような感覚で操作する物で、あらゆる上物釣りの重要な基本の一つです。

フカセチヌ釣り・仕掛けを張る

流れに対して、ウキが先行するように流してしまうと、アタリが出にくくなります。「仕掛けを張る」というのを聞いた事があるかも知れないですが、ラインメンディングで出来るだけ道糸をまっすぐに調整して、少しウキを引っ張る感じで、サシエを流れに対して先行させます。

基本的に潮の流れは、上潮の方が底潮よりも早く流れる事が多いです。そういう意味でも、ただ単にウキを浮かせているだけでは、どうしてもウキが先行で流れやすくなります。

仕掛けを張るというのは、非常に重要な事なんですね。

糸ふけが無い状態で、アタリが穂先にダイレクトに来るようなら、免許皆伝です。(^◇^)
ウェブでは細かい感覚まで伝えるのは難しいです、ぜひともフィールドで、ご自分で試していただけたらと思います。

尚、上記の仕掛け図で、結束部分にサルカンを使用しても、防波堤のチヌ釣りの場合は、殆ど問題はありません。3Bや4Bのガンダマを使用する場合は、特にそうです。

針はオキアミカラーと書きましたが、これだけガンダマがついてしまうと、エサ取りがいれば、サシエは掠め取られる可能性も、非常に高いです。オキアミカラーにしておけば、エサ取り対策としては、若干他のカラーよりはマシだと思います。

icon