初心者のチヌのフカセ釣り(ウキと仕掛け)

フカセ釣りと言えば、多くの人がグレのフカセ釣りを連想される事だと思います。シーズンになればテレビや新聞でもグレ釣り情報はたくさん出ますし、あらゆる名手がこぞって自分の仕掛けとかを紹介してくれますが、まあ、99%が、ウキは円錐ウキを使用した仕掛けを紹介してくると思います。

波止フカセのチヌ釣りもグレ釣り仕掛けと同じようなもので充分ですが、初心者には少し馴染みが浅いのも円錐ウキだと思います。

棒ウキでフカセ釣りをトライアルしても充分なんですが・・・

棒ウキを使ったフカセ釣り

棒ウキを使用しても防波堤のチヌはいくらでも釣れます

極論を言えばグレだって、棒ウキで釣ろうと思えば釣れます、しかし、荒磯でフカセ釣りをする場合、潮乗りが比較的悪い棒ウキは、波やうねりに飲まれてしまって、安定性を欠くわけです。だから、グレ釣りは湾内の口太や波止グレを狙う場合は別として、圧倒的に円錐タイプのウキに分があります。

初心者が防波堤でフカセ釣りをする場合、もちろん荒磯でグレを釣るシチュエーションとは全然違うわけです。浮力設定がややこしく、サイズがたくさんあって、どれを選べば良いか良く解らない円錐ウキを当て推量で買ってくるくらいなら、棒ウキでフカセ釣りにトライアルするほうがマシだと思います。

慣れて来ると色々なウキを試すと、フカセ釣りは面白いです。しかし、ビギナーの自覚があるうちは、棒ウキのほうが何かと扱いが良いのも確かです。

そこで、棒ウキを使用したチヌのフカセ釣りの基本仕掛け図を書いておきましょう

防波堤のフカセ釣り・棒ウキ仕掛け

防波堤のチヌ狙いのフカセ釣り仕掛け図

道糸は前項の「初心者のチヌのフカセ釣りリール選び編」で書いたとおり2号で自分の見えやすいカラーを選択すればOKです。

図ではウキ止めの糸の下側にシモリ玉を使用していませんが、SICリングを使用したスーパーラインスイベルの「楕円」って言うのが釣具店で売ってますから、それを使用すれば仕掛けの落ちも抜群ですし、シモリ玉を使用しなくてもウキ止めの糸だけで仕掛けは止まります。

棒ウキは市販の物を適当に買ってくればOKです。少し凝るなら、ウキのボトム部分に糸オモリを巻いて、安定性を付け足しますが、めんどくさいので、初心者コースでは割愛します。(詳しく知りたい人は拙著エビ撒き釣りのハネ釣り・仕掛けをご覧下さい)

オモリとカラマン棒の距離はウキの長さ程度をとります。これが無いと、仕掛けを投入の際に、仕掛けが絡みやすいです。カラマン棒は文字どうり絡み止めですから、あった方が都合がいいです。

上記のような仕掛けではハリスには極力ガンダマを打たないようにするのがコツです。ハリスの長さは、平均的な2ヒロ程度とって置けば充分でしょう。

フカセ釣りの基本はある程度無視する

この仕掛けでは、マキエとサシエの同調と言う、フカセ釣りの基本概念は、ある程度無視します。マキエを切らさないように間断無く撒く方がベターですが、難しいタナ(チヌの生存層)取りやレンジ(チヌの捕食層)探りに、初心者は頭を悩ますよりも、シッカリとボトム(海底部分)にサシエを送り込む事を優先した仕掛けです。

エサ取りが多ければ、毎回毎回サシエが音もなく無くなると思いますが、マキエを続けていて、サシエが残りだしたら、大型のチヌが接近している可能性がありますから、こういったボトム狙い一辺倒の、チヌ釣りも充分に成立しています。

後は、パチンコと一緒♪
粘りと頑張りですね。(^◇^)

では事項で、この基本仕掛けで横風や潮の流れが極端に悪い場合を想定して、水中ウキ仕掛けに変化させる基本仕掛けを述べてみましょう。

icon