初心者のチヌのフカセ釣り(リール選び編)

磯竿に付けるリールと言えばスピニングリールが一般的です。フカセ釣り以外で磯竿を使用する場合は両軸リールを使用する場合もありますが、通常の5m前後の磯竿を使用する場合は圧倒的にスピニングリールが使いやすいです。

フカセ釣り初心者のあなたが選ぶべきリールは・・・?

レバーブレーキのリールを選ぶ

トーナメントZ2500SIC、少し古いリールですが、愛用してます私は自分の釣りへのこだわりから、フロントドラグのリールを使用してフカセ釣りをしますが、これは一般的ではありません。やはりナンと言っても、フカセ釣りにはレバーブレーキの付いたリールが圧倒的に使いやすいと思います。

フロントドラグのリールは強い引きがタックル全体にかかったときに、設定さえ上手くやっておけば自動的にドラグが滑って、スプールが逆回転を始めるワケですね。この結果、ラインに余分な力が加わらないようになって、まあ、バラシが少なくなるワケです。

磯竿使用した仕掛を作る場合、ルアーフィッシングのようにリーダー部分(ハリス)に太いラインはあまり使用しません。特に本項はチヌ釣り関連の記事ですから、まあ、ハリスは太くて3号、標準で1.5号から2号と言うところだと思います。

このくらいの号数のリーダー(ハリス)は、磯竿で使用する場合、フロントドラグの設定が難しく(ルアーロッドだったらそんなに難しくは無いと思います)、フロントドラグに頼った糸の出し入れは、返ってバラシを誘発する感じになるんですね。

このため、自分の意思で糸の出し入れが出来るレバーブレーキタイプのリールのほうが、扱いが良くなるわけです。

初心者の人はロッド選びで1号クラスのロッド良いと全記事(「初心者のチヌのフカセ釣り(ロッド選び編)」)で書きましたが、このくらいの磯竿にセットするリールは2500番前後のレバーブレーキタイプのリールが扱いが良いと思います。

具体的には2号から2.5号の道糸が150m巻ける大きさですね。

リールはシマノかダイワがおすすめですが・・・

このリールですが、これも初心者の方には、そんなに高価な物は必要ありません。といって、極端に安物を買ってしまっても、少し慣れてくれば、もうちょっと良いのが欲しくなりますから、最初から2万円前後くらいのものでチョットマシな物を購入しておく方が賢明と言えば賢明だと思います。

シマノならデスピナ、ラリッサ、ダイワならブレイソ、トライソなんていう所で充分だと思います。

リールに関してはフカセ釣りのような上物の釣りでは、ダイワかシマノを選んでおく方が何かと都合がイイと思います。厳密に言えば、両メーカー以外の品でも、充分に使いこなす事は出来るとは思いますが、上物のリールに関しては、ダイワとシマノが圧倒的に強く人気も根強いですから、違ったブランドを買い求めても、どっちにしても後でトーナメントやBB-Xが欲しくなってきます。(まあ、こうなります)

最初から買って置けば、要らない出費が無くて済むと思います。

さて、このリールに巻き込むライン(道糸)ですが、これはある程度フカセ釣りに慣れてくれば数種類の道糸を別売のスプールを数持って使い分けていく事になるますが・・・

初心者の方は、そんなめんどくさい事はしなくていいです。(^_^)

サスペンド系のもので、防波堤のチヌ釣りならば、2号の物で充分です。カラーはお好みでオレンジかイエロー系が見やすくってイイと思います。

磯釣りで使用する場合、道糸に対しては、仕掛の操作性とか考えて1.8号とか2号以下の物の使用がチヌ狙いにはおすすめですが、防波堤の場合は、風波の影響が磯ほど厳しい条件下で釣りをしないですから、逆に言うと、3号の道糸でも充分にこなせます。

まあ、最近の道糸は強いですから、2号で充分やと思います。

次、初心者のウキと仕掛けの話、これいってみましょう!

icon