高価なロッドは要らない

防波堤の釣りはファミリーフィッシングから、チョット難しいスズキやチヌ釣りまで、色々な釣りを楽しむ事が出来ます。

スズキやチヌ釣りは、一般的にはベテラン向けの釣りみたいに言われますが、そんな事は無いです。釣り方やちょっとしたコツのような物があなたの知識にあれば、あなたが釣りの初心者でも、ターゲットに近づく事は出来ます。

本項はシリーズで、防波堤の初心者向けのチヌのフカセ釣りに関して書いていきますね♪

ロッド選びのコツは?

波止チヌ、45センチってところでしょうか?初心者の方でも充分に釣れます。おおよそ、釣りの初心者の方は、「何をどうやればいいのか?」、これがお解かりにならないと思います。

そりゃ当たり前だと思います。釣りは優秀なレジャーですが、もちろん初心者の方にとっては日常ではないですからね。

磯釣りでチヌをフカセ釣りで狙う場合に比べて、防波堤は足場も比較的安全であれば、潮もどっちかって言うと素直な感じです。紛らわしい釣り情報も多々ありますが、ボトムに狙いを付けておけば、粘りと頑張りで、チヌというターゲットには比較的容易に近づけると思うんですね。

チヌのフカセ釣りが解っている人は、何かと薀蓄垂れる人が多いです。(まあ、本サイトを運営している私などもその典型ですが・・・^_^;)

難しそうに言う事で、自分の釣りを誇大表現している部分も多々あります。少し、簡単にチヌのフカセ釣りを考えて見ましょう。

初心者のフカセ釣りの釣り具

初心者の人には、まずは、揃えておきたい釣り道具、これから考えられるとイイと思います。

基本は磯竿、その磯竿に合わせたリール、それにタモですね。それに、バッカン部分でバッカン、水汲みバケツ、マキエシャク、マゼラー、サシエケース、これらの物が必要な物になります。

仕掛部分は道糸、ハリス、針、ウキ数種類、ガンダマ、それに、ウキ止めの糸やシモリ玉、クッション、サルカン、こういった物が必要な物で、仕掛けを作る際のハサミやプライヤーなどもあった方が何かと都合はいいです。

クーラーボックスやロッドケースなども、揃えて置けるなら、揃えておいた方が何かと都合はいいです。安価な物で充分でしょう。

磯釣りのスタイルでロッドケースやバッグは揃えるのも有力です。

フカセ釣り初心者の方は、これから、色々な釣り道具を揃えていかれると思いますが、ここで重要なのは・・・

余計な道具を足さない

って事ですね。あれも釣りたいこれも釣りたい、あれも欲しいこれも欲しいにしてしまうと、返って遠回りになります。

まずはメインロッド一本、これを選びましょう。釣具店で3万円程度の物がベストです。数千円程度の安価な物もありますが、少し面白くなってくると、直ぐに物足りなさを感じると思います。

ダイワかシマノ、がまかつ辺りの有名ブランドで3万円程度の磯竿で1号程度の物が、防波堤の釣りには何かと都合がいいです。

基本的に磯竿は・・・

  • 非力な人は号数を小さく、長さを短く
  • 力の強い人は号数を大きく、長さを長く

こういう具合に選ぶと、使い勝手はいいです。

長さに関しては、防波堤の釣りでは5mか5.3mで充分です。女性やお年寄りには使い勝手の良さそうな4.5mや4.8mのような機種もありますが、ハリス部分を長く取るフカセ釣りでは、あまり短い竿を選択してしまうと、返って使い勝手が悪くなる事も事実です。

最大公約数として・・・

1号で5mか5.3m!

これでイイと思います。

インナーガイドの欠点とは?

それと、アウトガイドとインナーガイド(インターライン)の竿がありますが、防波堤の場合はアウトガイドのロッドが圧倒的におすすめです。

インナーガイド(インターライン)は確かに風や雨に強く、そういうタフなコンディションで釣りをする場合威力を発揮しますが、防波堤の釣りではそういうタフなコンディションは余りありません。アウトガイドでも充分に釣りこなせる場合が殆どなんですね。

赤潮ではありません、大阪湾名物ドロッとした潮それに、大阪湾の防波堤では特にそうですが・・・

ゴールデンウィーク後くらいから、水温の上昇が例年顕著になり始めますが、これに平行して、赤潮のようなドロッとした潮が入ってくる事が良くあります。

この潮自体赤潮ではないですから、これが発生しても海中の魚達は元気なんですが、この潮が発生した状況で釣りをするとなると、道糸がこの潮で汚れてしまって、その道糸が接触するロッドがかなり汚れます。

このドロッとした潮、結構粘着力があって、この汚れがロッドに付着するわけですが・・・
これがアウトガイドのロッドの場合メンテナンスは簡単ですが、インナーガイド(インターライン)の場合は、ロッド内部にこの汚れが付着して、洗い流そうとしても、中々上手く行かないです。

道糸の滑りが極端に悪くなりますから、大阪湾の防波堤の釣りにはインナーガイド(インターライン)は不向きです。

上級者は潮を見てロッドを色々選択すればイイと思いますが、初心者の方は、一本の釣竿で、ある程度の事をやってしまわないといけないわけですから、メインのロッドはアウトガイドで1号クラス、長さは5mか5.3mが良いと思います。

事項は、初心者のチヌのフカセ釣り、リール編、いってみましょう!

icon