フカセ釣りのサルカン結び

おおよその場合フカセ釣りと呼ばれる釣りは、“余計な物が仕掛けに付けるのを嫌う釣り”なんですが、私自身もご他聞に漏れず、仕掛けは常にシンプル・イズ・ベストの精神です。(カッコイイっしょ(^_^)v)(←アホ・・・?)

最近では、水中ウキすら自分の中では“余計な物”になってしまってます。また直結派の私は、チヌのフカセ釣りにはサルカンも持って行かないです。(カッコイイっしょ(^_^)v)(←もぉエエ・・・)

しかし客観的に判断して、棒ウキを使用してフカセ釣りをする場合や、チヌが浮かない場合でゴッツイ深いレンジを釣る場合など、持っていて損が無いのがサルカンです♪

本項ではサルカンの結束強度について考えます。

フカセ釣りのサルカン、利点と欠点

チヌのフカセ釣り・イメージ画像仕掛けの強度が一番弱い箇所は、当たり前ですが結束部分です。

道糸、ハリスの直結による結束が一番優れている点は、サルカンを用いて結束をする場合結束部分が二つになるの対して、直結は結束部分が一つになる、とまあ、こういうことなんですね。

これがフカセ釣りにうるさいアングラーがサルカンを嫌う理由の一つです。

全遊動仕掛けを選択するような場合、サルカンの重さ自体が邪魔になる場合もありますが、基本的にボトムに狙いを付ける事が多いチヌのフカセ釣りでは、ガンダマも3Bや4Bの大きな物を使用する場合も多いです。

このくらいのガンダマを使用するに当っては、サルカンの使用自体、そんなに神経質になる事は無いでし、むしろ仕掛けの交換時間がサルカンの使用によって短縮できたりする人には、サルカン使用を大いに推奨するべきだと思います。

サルカン使用で一番困る点、要するに、結束部分が二つになる事で、結束強度が弱まる!、これを解消できれば、何のことは無い・・・

サルカン使用、万歳!になるわけですね。(別に万歳する事もないですが・・・)

サルカン結びは色々な結び方がありますが・・・
基本的には電車結びを応用した物が大半です。

中でもユニノットとクリンチノット、これが代表的なサルカン結びと言えると思います。

サルカン結束(ユニノット)

ユニノットユニノットは私は、使わないのですが、ルアーの人などはこの結び方が多いのかな・・・?
(ルアーやら無いのであまり知らないんですが・・・)

まあ、基本的なサルカン結びの一番手と言ってもいいでしょう。

  1. サルカンに糸を通して、折り返します
  2. ループを作って、3、4回ループをくぐらせます。
  3. 軽く締めて・・・(このときにレロっと舐めます)
  4. 本線を引いて締めこんで出来上がり!

ルアーフィッシングや投げ釣り、あるいは船釣りなどでもこの結び方を愛用している人は多いでしょう。

大事な事は、「締めこむ際に必ず舐める」という事です。
釣りに使用するラインの中では、PEラインやテトロン系(ワイヤーなどもそうですが)を除けば、殆どがナイロンとフロロカーボンです。

ナイロンとフロロは摩擦熱に非常に弱い性質を持ってます。舐めて湿らせる事で摩擦熱を起さないようにして締め上げるのは、釣りの仕掛けを作る際の基本中の基本です。

当サイトでは、うるさいくらいに書いてますが、「軽く締めて→舐めてから→ギュッと締める!」、これをくせにしてください。舐めずに締めると、必ずここ一番で悔しい思いをします。断言しても外れてないと思います。

サルカン結束(クリンチノット)

クリンチノット次にクリンチノットですが、この結び方の方が、ユニノットよりは若干強いかもしれないです。(まあ、ナンボも変わりませんが。。。)

この結びも愛用者が非常に多いです。ユニノットとあわせて覚えておけば良いことがきっとあります。(^_^)v

  1. サルカンに糸を通して折り返します
  2. 4回(5回でもいいですが)巻きつけます
  3. 端糸を一番サルカン側の元輪に通します
  4. さらにループに通して、べろっと舐めて仮締め・・・
  5. 本線をゆっくりと引っ張って、その後締め上げます

相手が石鯛やヒラマサ見たいに、節操も無くアホほど引っ張るヤツが相手だと、この二つの結びはおすすめできないですが、チヌや、まあ、グレでも口太なら、よっぽどのことが無い限り抜けることは無いと思います。(尾長相手は、もうチョット考えた方が良いです)

ここに上げた二つの結び方は電車結びの応用ですが、さらに強度をあげたい人は、最強結びと言う八の字結びの応用のサルカン結びがあります。(この結び方は石鯛でもヒラマサでも相手に出来ます。)

当サイトはチヌのフカセ釣りのサイトですから、最強結びについては割愛させていただきますが、サルカンの結束強度に何の心配もしたくないって言う人は、最強結びがいいかもしれないです。

これ以外に「がま式石鯛結び」、「山元式最速結び」なんていうのもありますが、根本は、電車結びを応用するか、八の字結びを応用するかの、どちらかです。

まあ、チヌ相手はクリンチノットで充分と思いますが・・・

icon