道糸とハリスの直結

フカセ釣りは基本的に道糸はナイロンラインを使用して、ハリスはフロロカーボンを使用することが大半です。

風の強い日など、道糸、ハリスともにフロロにする手も無いでは無いですが、基本的に風波の激しい沖磯や離島の釣りでは無いチヌのフカセ釣りでは、大半の場合が道糸がナイロン、ハリスがフロロと言う公式で考えてよいでしょう。

サルカンを使った結束もありますが、本項では直結、これを取り上げてみたいと思います。

道糸ハリス、直結にこだわるのは・・・

チヌのフカセ釣り、イメージ画像(^_^)サルカンを使用した結束かサルカンを使用しない結束か?
これはアングラーの好みの大いに分かれるところです。

私が調査した所によると、おおよそ防波堤の釣りがメインの人はサルカン結束が多く、磯のグレ釣りがメインの方には直結による結束が多いです。

これは軽い仕掛け圧倒的に有利なグレ釣りでは、サルカンの重量まで考えて釣りをする場合が多発しますから、まあ理解は出来ますよね・・・

それと、意外なのが・・・

年配の人にはサルカンの強度に疑問を持っておられる方が多い!

昔のサルカンは、実はサルカン自体が強度不足だったようで、特に磯釣りメインのベテランアングラーはサルカンから吹っ飛ばされるバラシをたくさん経験してきたようです。そのため、「サルカンを使用するよりも直結の方が安心してやり取りが出来る」、こう言い切るアングラーさんは多いです。

しかし、昨今の釣具は昔と比べて強度はどのくらいアップしているのでしょうか?
最近のサルカンなら、サルカンからふっ飛ばされるようなバラシに遭遇すれば、手に残った感触で一週間くらいは一杯やれると思いますけど・・・(^◇^)

そりゃそーと(アホな話は置いといて・・・)

サルカン結束はこちらで述べるとして、本項は直結についてですね。(^_^)

三原結び

三原結び結びやすいのは「三原結び」と呼ばれる本結びの改良型です。

一般的なチヌのフカセ釣りの仕掛けは、少々太めの仕掛けを使用しても、道糸、ハリスともに、どうでしょう・・・?
1.5号から2号を中心に、太仕掛けの場合でも3号から4号程度までで釣りをされる方が一般的だと思います。

このくらいの太さのラインならば、三原結びで充分に結束の強度が保てると思います。

実は三原結びは、結び方自体は非常に簡単ですが、太目のラインは抜けやすいと言う欠点も持っています。まあ、私の場合、結束は90%直結で、結び方は100%三原結びを使用しますが、6号程度までなら抜けたことは無いです。(それ以上のラインで直結はしません・・・)

むしろ抜けるのは、締め込み方が不十分の場合に起こるような気がしますが、これは結びがどうこうでは無くて、タダ単にアングラーのスキル不足が原因ですから、普段から練習するような気持ちで釣りをするようにすると、こういう失敗はドンドン少なくなって、イイ事が増えると思います。(^_^)
(本線と端の計4本を均一に引っ張る・・・、これがミソ)

まあ、しかし三原結びは最強と言う事は無いみたいですね・・・

では、直結結びはどの結び方が最強か・・・?

少し磯の上物をかじられた方なら、誰でもこれは考えると思いますが、一般的に八の字結びのダブルひねり、もしくはトリプルひねりが強いと言われています。

ちなみにダブルひねりを「藤原結び」、トリプルひねりは「松田結び」と呼ばれていますが、ここに取り上げた結び方はすべてがまかつのテスター愛用の結び方ってことですね。(まあ、私は磯竿はがま派なので・・・汗)

道糸、ハリスの八の字結束は、慣れないと少しやり難いです。ハリスを必要分だけ切ってから結ぶのが本筋ですが、切らずに結ぶ方法もあります。それは後日サイトにアップします。

八の字結び

では、初心者の方・・・、まずは八の字結びをシッカリと覚えましょう。YouTubeにデモンストレーションの動画がありましたからアップしておきます。

この動画どおりの結び方で、ほぼ100%Okですが、締めこむ際には必ず結び目を舐めてから結ぶようにします。(レロっとやるところが抜けとるねぇ・・・)

ナイロンやフロロカーボンは摩擦熱に非常に弱い性質をしていますから、舐めずにそのまま締めこむと、結束強度は本来の強度の半分にも満たないと思います。

必ず、「軽く締めて→舐めてから→ギュッと締める!」、これが癖になるようにしておいてください。

道糸とハリスの直結は、締めこむ時には、結束部分を銜(くわ)えて、結び目が舌に乗るように締めこんでいきます。こうする事で、結束部分を摩擦熱から守る事が出来ます。

ちなみにこの動画では1回しかひねってませんが、これでも相当な強度をしてます。これを二回ひねると藤原流、三回ひねると松田流という事です。

結束部分は釣りの仕掛けの中では最も弱い部分です。何流でも良いですから、自分にとって、最強の自信が持てる結びを習得する必要があります。

icon