マキエとサシエの同調

フカセ釣りでもカゴ釣りでも船釣りでもそうですが、マキエとサシエの同調を試みる事は、マキエをする釣りの基本中の基本です。

多くのアングラーは、当たり前と思っているこのマキエとサシエの同調、どこまで正確にできているのでしょうか?

何処まで同調がはかれているか?

マキエとサシエの同調はフカセ釣りのキモです。これに関しては海に潜って確かめた事は無いですが、私自身たくさんのアングラーさんと議論を交わしたことがあります。

磯の上物でグレ狙いのアングラーさんの話が殆どですが、彼らの多くは私と同じ感覚で釣っているようです。

  • 2ヒロ(3メートル)までで、流れが緩やかなら、確実に同調を試みれる
  • 本流など流れの早い場所では、同調を試みれない(あってるわけが無い、あっているとはとても思えない)
  • タナが一本以上になると、正直あっているとは思えない
  • 点であわすよりも線であわすほうが効果的である

他にも色々な話はしましたが、こういった事が最大公約数ですね。

2ヒロまでの浅ダナは夏場のグレ釣りなどでよく実践してきました。一番浅く釣る場合ウキ下矢引き(約80センチ)程度で釣ることも多々ありますが、このくらいのタナはほぼ確実に同調を試みる事は出来ますし、そんなに難しくは無いです。

2ヒロまでなら、殆どウキにマキエをかぶせるくらいで、まあ、100%とは言いませんがあわせる事は出来ます。

流れの早い場所では、本流釣りなどをしますが、これはチヌを釣るような釣りではないですから、ここでは割愛します。詳しくはグレ釣り・メジナ釣り、爆釣磯釣り情報局をご覧下さい。(まあ、本流のチヌ釣りもあるにはあるようですが・・・)

タナが一本以上(3ヒロ半以上)になると、流れが無ければウキにかぶせるくらいで、サシエの後からマキエがついてきて合うと思いますが、こういうシチュエーションはフカセ釣には、って言うか釣りにはもう一つのシチュエーションだと思います。
まあ、防波堤のチヌのフカセ釣りなら(特に大阪湾は)こういうシチュエーションも良くあるのですが、別項で解説します。

深ダナを釣る場合は、正直マキエとサシエがあってる気はしなくても、マキエを切らすとダメです。高水温の時期とかで、エサ取りが湧きすぎているような状況だとマキエを意識的に切らせる事もありますが、こういうのは裏技です。

画期的なマキエとサシエの同調メソッド

深ダナを釣る場合は、マキエを打つ位置をある程度決めて、仕掛けの投入点などに変化を持たせて、合う場所を探っていく釣りが勝ります。あわせるために仕掛けもこまめにチェックしていく釣りになりますが、これをやりやすくするのが「点ではなく線であわせるマキエ術」だと思います。

具体的には、全誘導仕掛け(全層仕掛け)やスルスル釣法とか言われる物ですが、この釣りはフカセ釣りへの理解がある程度深まっていないと、イマイチ上手くいきません。
「誰でも釣れる、何でも釣れる」は基本的に正しいですが、「フカセ釣りを理解していれば」の条件付です。これは別項でこってりと解説します。

フカセ釣りにおけるマキエとサシエの同調を試みる事は、フカセ釣りの基本中の基本にして奥義のような釣技です。

条件によって様々にやり方が異なってきますから、大いに実践で色々試してみてください。

icon