ハリスの張り方

さて、フカセ釣りの基本は「マキエとサシエの同調」と「仕掛けを張ること」と前項フカセ釣りの基本で書きましたが、具体的にどうやれば良いか?

仕掛けを張る

張らず緩めず・・・もちろん、自然界の様々の条件化で実践するチヌのフカセ釣りは、通り一遍等でパターン化してこれを解説するのは殆ど不可能なんですね。

しかしながら、ある程度の基本を理解しておけば、流しやすい条件化(具体的にはナギで足元から真正面へ適度な潮が流れているような場合)では、高確率にアタリを拾えるようになりますし、複雑な条件化でも、何も知らないよりははるかにアタリを拾う確立は上がると思うんですね。

一般論かもしれないですが、これからチヌのフカセ釣りを始めようなんていう人は、ぜひ参考にして置いてください。

ハリスを張る、仕掛けを張るために、一番邪魔になるのは、道糸に当ってくる風、もしくはサラシのような波やうねりです。

一般的に底を釣る事が多いチヌ釣では、仕掛けを投入すると、ある程度糸ふけを出しておかないと、狙ったポイントの底付近に仕掛けを漂わす事が難しくなります。

これは、例えば竿一本程度のタナでグレを釣る場合なども同じ事ですね。(誘導仕掛け、全層仕掛け、二段ウキ仕掛けの場合はですが・・・)

仕掛けを張る・基本テクニックは?

誘導ウキ仕掛けの場合、張りながら仕掛けを狙いのタナまで落とそうと思うと・・・

投点は

  • 狙っているポイントの潮上
  • 足元からの距離はやや遠投気味
  • 潮の流れる速度を考えながら
  • 必ず、仕掛けが着水する前にサミングする

サミングして、必ずハリスを伸ばした状態で仕掛けを着水させます。これが出来て無いと、仕掛けが絡む原因にもなりますし、上手くハリスを張れないです。

潮上にやや遠投気味に投げて、サミングして糸を止めてますから、仕掛けが落ち着くに従って、ウキは手前に来るはずです。ウキ止めまで来た時にちょうど狙っているポイントのやや潮上に来るように、流れや風を計算して仕掛けを落ち着かせます。

風が無い場合は竿を立てるような感じで落ち着かせると、道糸に足元の潮が当らないので上手く、早く仕掛けを張りながら馴染ます事が出来ます。

風がある場合は、竿先を海に突っ込むと、道糸に当る風の抵抗はなくせます。このとき、足元にサラシのような仕掛けの落ちを邪魔する要素がある場合は、浮力のあるウキに大オモリで対処します。

仕掛けが落ち着いたら・・・

  1. 余分に出ている道糸は素早く巻き取ります
  2. ハリスが馴染むと、ウキがシブシブになるように設定しておきます。※
  3. オープンベールにして、流がした分だけ、やや抵抗を与えながら道糸を出します。
  4. 流している間は、時折出て行く道糸を軽く止めてやります。(誘いにもなります)
  5. 出来るだけ、道糸が一直線になるように、修正を図りながら流します(ラインメンディング)

※円錐ウキの場合は、ウキの頂点がちょうど海面スレスレになるようにガンダマで調整します。棒ウキの場合はハリスが馴染むとトップが一目盛りシモるくらいが理想です。

5は、軽いオモリを使ったフカセ釣りの場合特に意識する必要がありますが、底を釣るような場合はオモリもそれなりに大きくなると思います。チヌのフカセ釣りの場合、それほど強く意識する必要はないですが、基本中の基本なのでぜひ覚えておきましょう!

オープンベール
オープンベールで仕掛け操作からアタリを拾うまでやります。
アワセはスプールの天面に指を乗せてあわせます。(コツ)

icon