グレ竿とチヌ竿の違い

グレ竿の求められる物とチヌ竿に求められる物の違い、これは何か考えてみましょう♪

一般的にグレ竿は7:3先調子で繊細な穂先と胴で粘れるパワー、チヌ竿は6:4の胴調子で頭を振るゴンゴンという魚信を竿全体で受け止めるように設計されていると言われています。

確かにグレは根についている魚で、あまり曲がりすぎても根に持ち込まれるし、かといって竿を硬くして繊細な仕掛けを使えなければ、極端に食いは悪くなりますね。

磯竿の遊び心

シマノ・フカセ釣り対応ロッドチヌを釣ろうと思ってもグレ竿で充分に事は足ります。

そりゃそうですね、グレとチヌでは、確かに引きの感じは大きく異なりますが、グレだって口太グレ(特に大型)ならば、相当にクビを振って来ます。これはグレ釣りをしている人ならよく知っていることだと思います。グレ竿だってゴンゴン来る引きには竿全体で受け止めるように設計されていますが、こりゃ当たり前の事ですね!

要するに、少々クビをガンガン振られた所でグレ竿の1号程度の物を使っていれば充分にチヌに対処できると言う事です。

しかしながらチヌ竿にはチヌ竿独特の感性があって、これがアングラーをたまらなくさせるのですが、これが・・・

「遊び心」

さながらグレは機械的に釣る(言い過ぎかも知れないが・・・)ウェポンのような感性で作られている物が多いです。

これはグレ釣りの競技会が盛んであることと、釣具メーカーの業界全体が安易に競技思考に走ってしまったための、ある意味弊害であると言えるかも知れないですね。

対してチヌはグレほどの強烈な引きはかまして来ません。年なしのような大型でも、どっちか言うと、海底から引き剥がすような感覚で、それに対応できるタメは必要ですが、グレに比べるとかなり余裕を持って楽しんでやり取りが出来ると思います。

釣り場の条件を考えてみても、グレは風波の厳しいフィールドでの釣行を余儀なくされる事が多いですが、チヌは湾内や防波堤でも、勲章である50cmオーバーがいくらでも狙えます。そんなに竿がシャキーンとしていなくてもヘトヘトにされる事はありえないです。少し曲がりすぎるくらいの方が何かと便利で楽しいですね!

チヌは遊び心イッパイで、釣りの迫力を充分に楽しめるターゲット・・・

基本的に防波堤のフカセ釣りはグレ竿を使用するよりもチヌ竿を使用したほうが何かと有利な点が多いです。(磯に隣接していて、尾長や石鯛が食ってくるような波止は例外もありますが・・・汗)

波止釣りで狙うフカセ釣りのチヌなどは、掛かれば竿の弾力はもちろん最大限に活かしたい所ですが、どちらかと言うと道糸の出し入れで勝負する方が取り込み率が上がる事が多いです。チヌは掛かれば一目散に根に持ち込むような魚ではないし、頭が向いている方向にしか走らないです。

チヌ竿とグレ竿のちょっとした違い・・・

こういうこと考えながら釣りをすると、また違った面白さがあると思いますが・・・

icon